雪の日の走り方とは!?

もうすぐ立春、そろそろ春の気配が、と言いたいところですが、まだまだしばらくは寒い日が続きそうです。先日は首都圏でも数年ぶりの大雪になりました。
近所の坂道でも、クルマが何台もスタックしては私も救出に駆り出されて、けっこうな肉体労働の一日でした。
関心したのは郵便配達の職員さん。そんな日でも、いつもどおりスーパーカブの後輪にチェーンを巻いて、平然とした表情でジャラジャラと走っている姿は頼もしく思いました。

でも、いくらチェーン付きでも深い雪ではリヤが流れます。すると、足をスッと出して補助輪のように支えながらバランスをとって曲がっていきます。

さらに吹き溜まりのように積もっている場所では両足をバタバタとついて、まるでトライアルのように越えていました。普段なかなか見ることがない貴重な光景にプチ感動。
さすがプロライダー、テクニックを駆使しているんだなぁ、と関心してしまいました。

数日後、私も都内でバイクに乗る機会があったのですが、路地裏にはまだ雪が残っていて、危ういシーンがありました。ABS仕様だったのですが、雪の上でもちゃんと作動してくれるんですね。ただ、車体がちょっとでも傾いていたら、ABSでも前後連動でもダメだと思いました。ABS仕様でなかったら・・・そのときは車体を立ててブレーキもアクセルも使わず、運を天に任せてやり過ごすしかないでしょう。

でも、その前に雪が降りそうな日はバイクに乗らないことです。
これが一番の安全策ですよね。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 暴れ馬を操ってみたくないか・・・? 現代のバイクとはまた違う加速感を味わえるモンスター…
  2. NEXCO東日本 関東支社は、6月2日(土)に開通する東京外環自動車道(三郷南IC~高谷JC…
  3. ツインリンクもてぎは、10月19日(金)~21日(日)に開催する「2018 FIM Moto…
  4. 梅雨なんか怖くない! 今回は雨でも走り続けるライダーに、防水バッグとスマホケースをご紹介し…
ページ上部へ戻る