Kawasaki、「W800」のリコール

リコール開始日:平成25年1月30日

【不具合の部位】
燃料装置(燃料ポンプ)

【不具合の内容】
燃料ポンプにおいて、内部ベアリングの耐久性が不足しているため、ベアリングが磨耗する場合があり、円滑に作動しなくなるとともに、異音が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、磨耗の進行に伴い、燃料吐出量が低下して、エンジン不調が発生し、最悪の場合、ベアリングが破損して燃料を吐出できなくなり、エンジンが停止して再始動できなくなるおそれがある。

【改善の内容】
全車両、燃料ポンプを対策品と交換し、取付ボルトを新品と交換する。

【自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、ステアリングヘッドパイプの車台番号打刻位置付近にNo.3083 のステッカーを貼付する。

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
カワサキ、EBL-EJ800A、W800
EJ800A-001092〜EJ800A-011196
平成22年12月17日 〜 平成24年7月31日 3,351 台

【注意事項】
リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ホンダは、世界に一台のN-VANを作ろうという企画「#…
  2. ’18年にフルモデルチェンジした250SSブームの火付け役であるカワサキNinja(ニンジャ…
  3. ハーレーダビッドソン ジャパンの正規ディーラー・広沢商事は、ハーレーダビッドソンのグローバル…
  4. ボンネビルシリーズにはじまるモダンクラシックのラインナップに、トライアンフの伝説的なビッグネ…
ページ上部へ戻る