[KTM]ダカールラリー2013 シリル=デプレが総合優勝!12連覇を達成!

南米大陸で5回目の開催となる「ダカールラリー2013」。2013年1月5日にスタートし、ペルーからアルゼンチンを抜け、チリ/サンチアゴでゴールを迎える8,432km/14ステージで争われました。この世界一過酷なラリーで、Red Bull KTMファクトリーチームの#1/Cyril Despres(シリル=デプレ)が総合優勝を果たし、自身初のダカール連覇と通算5勝を達成。KTMに12連覇をもたらしました。

デプレにとって、今ダカール最大のトピックはサポートスタッフの手助けとパーツ供給を禁止する第7&第8ステージ。この前半で5速が使えなくなるミッショントラブルが発生したのです。そこでKTMのサポートライダーであるポーランドのOrlen Team/Marek Dabrowski(マレク=ダブロウスキ)とデプレのエンジン交換を決定。その後KTMファクトリーライダーたちが協力しながら2台のエンジン交換を完了し、第8ステージを走りきりました。

休息日を挟んだ月曜日の第9ステージで、エンジン交換による15分のペナルティを受けたデプレは、総合トップから24分25秒差の5位からスタート。そこから追い上げ、今ダカール唯一のステージ優勝を果たしたのです。そして総合での順位を2位へと上げ、ダカール制覇を自らの手でたぐり寄せたのです。それ以降デプレは安定した速さと強さを見せ、5度目のダカール制覇を成し遂げました。

最終第14ステージを終え、デプレは以下のようにコメントしました。

「今日は少しナビゲーションミスをしたが、それは他のライダーも同じ。マシンをいたわりながら走った。イイ感じだったよ。その結果、最高のフィナーレを迎えることができた。レースが終わった日に“ダカールで勝つなんて簡単だ”と思ったらダカールへの興味は無くなってしまうだろう。今日レースを終えたけど、そんな風には感じなかった。やはりダカールは長く熱く、そして難しい」

またKTMのファクトリー・チームマネージャーのアレックス=ドリンジャーも以下
のようにコメントしています。

「デプレの卓越した走りとダカールを戦い抜く戦略は称賛に値します。私たちはライダーとマシンを信じていました。7人のファクトリーライダーが完走し、そのうち5人が総合順位のTOP5までを独占したことは、本当に素晴らしい。すべてのチームが良い仕事をして、私たちはそれに感謝しています」

KTMファクトリーチームにとって、ダカール2013はドラマチックにスタートしました。デプレのチームメイトでもありライバルであるマルク=コマが、昨年11月のモロッコラリーで負った怪我の回復が遅れ、ダカールの1週間前に出場を断念したからです。

最終第14ステージで今ダカール初のステージ優勝を果たし、また昨年からデプレをサポートし続けた“水先案内人”の#11/Ruben Faria(ルーベン=ファリア)は総合で2位。MRW KTMファクトリーチームの#12/Joan Pedrero(ホアン=ペドレロ)は総合5位でチェッカーを受けました。

また4度のステージ優勝を果たし、デプレ&ファリアと優勝争いを演じたTAM ARUGAL RACING XC RALLY TEAM#7/Chaleco Lopez(チャレコ=ロペス)は、第13ステージ終了間際に4速ギアを失うトラブルを負っていました。15分のペナルティを受け入れてエンジン交換を行い最終ステージにチャレンジしましたがステージ39位/総合3位。そしてレース中盤から調子を上げてきたNADRESS ADVENTURE TEAMの#32/Ivan Jakes(イワン=ヤケス)が総合4位となりました。

デプレとエンジン交換したポーランドのOrlen Team/Marek Dabrowski(マレク=ダブロウスキ)のチームメイト、#18/Jakub Przygonski(ヤクブ・プリズィゴンスキー)は総合11位、南アフリカから参戦した“ファクトリーBチーム”Broadlink KTM Rally Teamの#40/Riaan Van Niekerk(リアン=ファン=ニーケルク)が総合13位。

コマに代わり急遽ダカール出場となった、ペドレロのチームメイト#29/Kurt Caselli(カート=キャッセリ)は、2006年のファリア以来のダカール・ルーキーによるステージ優勝を2度成し遂げました。ナビゲーションにミスによりペナルティを受け31位となりましたが、大きな仕事を成し遂げました。また“ファクトリーBチーム”の#37/Curtis Darryl(カーティス=ダリル)は総合32位となりました。

■Dakar 2013 総合結果
1, Cyril Despres, France, KTM
2, Ruben Faria, Portugal, KTM at 10.43
3, Chaleco Lopez, Chile, KTM at 18.48
4, Ivan Jakes, Slovakia, KTM at 23.54
5, Joan Pedrero, Spain, KTM at 55.29

Other KTM
11, Jakub Przygonski, Poland, KTM at 1:33.59
13, Riaan Van Niekerk, South Africa KTM at 2:02.54
15, Ben Grabham, Australia, KTM at 2:45.14
16, Plan Anders Ullevalseter, Norway, KTM at 3:00.56
19, Henk Knuiman, Netherlands, KTM at 3:15.20
31, Kurt Caselli, USA, KTM at 6:03.40
32, Darryl Curtis, South Africa, KTM at 6:05.38

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※参考画像 ■改善対策届出日 平成30年1月16日 ■改善対策届出番号 53…
  2. デイトナは、期間中にデイトナ商品を5,000円以上購入し応募すると、抽選でデイトナ商品をプレ…
  3. KAWASAKI GPZ900R 1998 年式 (900 cc) オーナー:メンフィ…
  4. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2年連続で過去最高の年間登録台数を達成し、2017…
ページ上部へ戻る