[HONDA]ダカールラリー 第10ステージ 難ステージでロドリゲス選手がトップ10入り。ピゾリト選手は14位

TEAM HRCがさらに前進。ロドリゲス選手が総合6位に

現地時間1月15日、ダカールラリーは、コルドバをスタートしラ・リオハへと至る636kmでステージが行われました。コルドバからスペシャルステージ(競技区間)のスタート地点まで37kmのリエゾン(移動区間)、そのあと357kmのスペシャルステージを走り、ゴールからラ・リオハまで242kmのリエゾンという2部構成になっています。

ステージ:移動区間(リエゾン)279km、競技区間(スペシャルステージ)357km

気温が50℃にも達する町、ラ・リオハ。標高357mのこの町に至るまでのルートは、序盤は標高約2000mを登る、狭い岩だらけの道で、ライダーたちはまるでエンデューロレースのコースのような道との戦いを強いられました。荒れたワインディングや速度が乗る硬い道など、路面コンディションは多岐にわたり、総じて難しいステージでした。この日、ステージ最速を記録したのは、今大会通算4度目のステージウインとなるホワン・バレダ選手(ハスクバーナ)でした。

第10ステージに挑んだTEAM HRCのライダー、エルダー・ロドリゲス選手は、スペシャルステージを5番手からスタート。途中、やや時間をロスするも力強い走りで乗りきり、トップと9分34秒差の9位でフィニッシュ。ハビエル・ピゾリト選手は27番手からのスタートとなり、序盤は前走車が巻き上げるホコリに苦しみ、ペースを上げられなかったものの、視界がクリアになってからはペースを取り戻し、トップと12分56秒差のステージ14位まで追い上げました。

一方、ジョニー・キャンベル選手にとっては厳しいステージとなりました。前日の転倒で再びろっ骨を痛めたキャンベル選手は、この日、とても滑りやすい路面の渡河セクションで再び転倒。痛みと戦いながらのライディングを8時間も強いられました。そんな状況ながら、キャンベル選手とトップの差は23分。ステージ21位に食い込む健闘をみせました。

TEAM HRCのライダーはそれぞれがポジションをアップ。中でもロドリゲス選手はトップのシリル・デプレ選手(KTM)と34分19秒差の総合6位へとポジションを上げています。また、ピゾリト選手は前日の12位から11位へ。キャンベル選手もポジションを6つ上げ、総合51位。第3ステージでのマシントラブルで時間をロスし、総合146位まで落とした順位を、着実に取り返しているのです。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る