[Ducati]2013年MotoGP ドゥカティ・チーム、WROOOM 2013 に向けてシフトアップ

●23 回目となるWROOOM がマドンナ・ディ・カンピーリオにおいて1 月14 日(月)から開始
●スクーデリア・フェラーリと共に、伝統のF1&MotoGP プレス・スキー・ミーティングに参加
●ドゥカティがファクトリーサポートを提供するチーム・プラマックのライダーも合流

2013 年1 月11 日
ボルゴパニガーレ(イタリア)発:
ドゥカティ・チームは、2013 年WROOOM プレス・スキー・ミーティングの最後的な準備に入っている。
1 月14 日(月)〜18 日(金)に開催される同ミーティングは、MotoGP およびF1 の新シーズン幕開けを告げる冬の風物詩としてすでにカレンダーに定着している。

今年で23 回目の開催となるこのイベントは、北イタリアのドロミテ山脈の中心地、トレンティーノ地域にある世界的なスキーリゾートであるマドンナ・ディ・カンピーリオで開催され、MotoGP ライダー、MotoGP マシン、ドゥカティ首脳陣のほか、スクーデリア・フェラーリF1 チームの面々も出席する。

WROOOM 2013 初日の1 月14 日(月)には、2013 年ドゥカティ・チーム公式ライダーのニッキー・ヘイデン(米国)とアンドレア・ドヴィツィオーゾ(イタリア)がマドンナ・ディ・カンピーリオに到着し、翌朝には2013 年発のオフィシャル・プレスカンファレンスに臨む。

1 月15 日(火)の午後からは、ドロミテの「宝石」、マドンナ・ディ・カンピーリオで開催される「メイド・イン・レッド」イベントに登場し、集まった大群衆のファンと交流する。さらに、同日の午後からは、ボルゴパニガーレを本拠地とするドゥカティ・ファクトリーから直接サポートを受けるチーム・プラマックのライダーも「スペシャルゲスト」としてファクトリーライダーに加わる。2013 年MotoGP 世界選手権に参戦するチーム・プラマックの2013 年ラインナップは、ともに卓越した才能の持ち主として注目されるベン・スピース(米国)とアンドレア・イアンノーネ(イタリア)である。
さまざまなタイトルを獲得した実績を持つ4 名のライダーは、マドンナ・ディ・カンピリオに詰めかけたファンと時間を共有しながら、新たなエキサイトメントが待つ新しいシーズンに向けて、モチベーションを高めることになる。

1 月16 日(水)には、ドゥカティ、フェラーリ首脳陣がオフィシャル・プレスカンファレンスに臨む。特に注目を集めそうなのは、ドゥカティコルセの新しいゼネラルマネージャーに就任したベルンハルト・ゴブマイアーである。彼は、2013 年MotoGP シーズンに向けたレーシングプランの素描を試みる。また、同日、新型デスモセディッチGP13 の公開も予定されているが、時間および場所は未定である。2013年MotoGP 世界選手権に参戦するニューマシンが4 台同時(ドゥカティ・チーム2 台、チーム・プラマック2 台)が一気にお披露目されるのは、これが初となる。

1 月17 日(木)には、スクーデリア・フェラーリ公式ドライバーのフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサも合流し、フィナーレとなる1 月18 日(金)のエキジビジョンレースに出場する。このレースは、マドンナ・ディ・カンピリオの凍結湖に設営されたスペシャルサーキットで開催されるカートイベントである。2013 年モータースポーツシーズンの幕開けを告げるWROOOM 2013 は、2 輪と4 輪の頂点で活躍
するアスリートのバトルで最高潮に達する。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る