[HONDA]ダカールラリー 第8ステージ 天候不順の第8ステージでキャンベル選手が快挙の2位フィニッシュ

CRF450 RALLYに乗るキャンベル選手が第8ステージで2位に入る
現地1月12日、ダカールラリー2013は8日目を迎え、アルゼンチンのサルタ〜サン・ミゲル・デ・トゥクマンにて第8ステージが行われました。ラリー中唯一の休日となる“レストデイ(休息日)”を前日に控えたこのステージは、当初228kmのリエゾン(移動区間)と492kmのスペシャルステージ(競技区間)で構成されていました。しかし、前日に降った大雨の影響により、主催者はスペシャルステージ前半部分を全競技車両でキャンセルし、後半部分のみを使う183kmへと短縮して行う決定を下しました。

◆ステージ:移動区間(リエゾン)228km、競技区間(スペシャルステージ)183km ※SSは短縮

ダカールラリーのライダーたちは、前日の第7ステージに続きこの第8ステージでも、チームからのサポートを受けず、自らが工具やパーツを運び、競技参加者同士のサポートのみで走りきる“マラソンステージ”に挑みました。前夜のビバークも、チームや4輪の参加者とは異なる場所に設定されていました。

スペシャルステージ前半部分がキャンセルされたことにより、ライダーたちは第8ステージ後半が始まるスペシャルステージのスタート地点に集まりました。現地時間正午、第7ステージを制したカート・キャッセリ選手(KTM)を先頭にスタートしました。今回のルートは谷間を縫い、河原を走り、草地へと続くもので、ステージ後半にはハイスピードなセクションも用意されました。そのような中、いくつかの渡河セクションでのナビゲーションは難しいものになりました。ステージ開始後に降り始めた雨の影響も加わって、ライダーたちは多くのラインが存在する場所での複雑なナビゲーションに翻ろうされました。

このステージですばらしい活躍をみせたのは、TEAM HRCのアメリカ人ライダー、ジョニー・キャンベル選手(キャンベルはバハ1000などで多くの優勝経験を持つデザートライダー)でした。この難しいステージにおいて、トップのホワン・バレダ選手(ハスクバーナ)から7分4秒差でステージ2位を獲得。キャンベル選手は、彼の地元であるカリフォルニアに似た今回のハイスピードセクションで、持ち前の実力を発揮しました。前日のスペシャルステージの成績順でスタートとなるため、後方からのスタートとなりました。しかし、その利を生かし、的確なナビゲーションで正しいルートを見いだして2位という順位を得ました。

好調だったチームメートとは対象的に、エルダー・ロドリゲス選手、ハビエル・ピゾリト選手はナビゲーショントラップに苦しみました。ロドリゲス選手はステージを10位、総合順位を前日までの11位から14位へと落としました。ピゾリト選手はこのステージを25位で終え、総合では12位から10位へと順位を上げています。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンの正規ディーラー・広沢商事は、ハーレーダビッドソンのグローバル…
  2. ボンネビルシリーズにはじまるモダンクラシックのラインナップに、トライアンフの伝説的なビッグネ…
  3. 世界最高峰のモーターサイクル・レース映像を網羅 ウィック・ビジュアル・ビューロウは、ブルー…
  4. カブとの思い出を「LOVE CUB SNAP forever.」に残そう ホンダは、今…
ページ上部へ戻る