[KTM]ダカールラリー2013で KTMは12連覇を目指します

南米大陸で5回目の開催となる「ダカールラリー2013」は2013年1月5日にペルー/リマをスタートしました。そしてアルゼンチンを通過した後、1月20日にチリ/サンチアゴでゴールを迎える8,432km/14ステージのコースで争われます。

そこにKTMは2つのファクトリーチームと4名のライダーを投入。2001年から続く12連覇(2008年はレースキャンセル)を目指したチャレンジをスタートさせました。

当初、Red Bull KTMファクトリーチームから#1/Cyril Despres(シリル=デプレ)と#11/Ruben Faria(ルーベン=ファリア)、MRW KTMファクトリーチームから#2/Marc Coma(マルク=コマ)と#12/Joan Pedrero(ホアン=ペドレロ)が参戦を予定していましたが、コマが10月に開催されたモロッコラリーで負った怪我の回復が思わしくなく出場を断念。かわってKTM USAに所属するKurt Caselli(カート=キャッセリ)が参戦。ゼッケン#29を背負い戦います。

各ステージの結果は写真や動画を使い、KTMのFacebookページで紹介いたします。ぜひKTMファクトリーチーム、およびKTMライダーの活躍にご注目下さい。

【KTMファクトリーチーム】
■Red Bull KTMファクトリーチーム
#1/Cyril Despres(シリル=デプレ)
#11/Ruben Faria(ルーベン=ファリア)

■MRW KTMファクトリーチーム
#12/Joan Pedrero(ホアン=ペドレロ)
#29/Kurt Caselli(カート=キャッセリ)

■ファクトリーマシン/KTM 450 RALLY
エンジン形式: 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
総排気量: 449cc
ボア x ストローク: 97×60.8mm
変速機: 5 速
燃料供給形式: Keihin製FCR-MX 41
フレーム: クロームモリブデン鋼トレリスフレーム
フロントサスペンション: WP製倒立フォークφ48 mm
リアサスペンション: WP製モノショック・プロレバーリンク
サスペンションストローク(F/R): 300mm/310 mm
ブレーキ(F/R): ディスクブレーキφ300mm/φ240 mm
リム(F/R): 1.6×21“/ 2.50×18“
シート高 (無負荷): 980mm
タンク容量: 約35リットル
半乾燥重量: 約145kg

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  2. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  3. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  4. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る