HONDA、補修用部品(リヤブレーキシューセット)の自主改善

■自主改善開始日:平成24 年12 月26 日
■不具合の内容
平成18 年9 月1 日以降に補修用部品として販売したリヤブレーキシューにおいて、当該ブレーキシュー重量の0.1%を超えたアスベストが含有されている。
■改善の内容
当該リヤブレーキシューを良品と交換する。
■クレーム件数 なし
■事故の有無 なし
■使用者に周知させるための措置
本田技研工業株式会社のホームページに掲載し告知を行うとともに、直接訪問等で通知する。

■対象の製品名:ブレーキシューセット
◎取付け対象機種
・ホンダ:BC-JF04 スペイシー125(平成7 年〜平成15 年販売)
・ホンダ:A-AF38 トピック(平成7 年〜平成11 年販売)
◎品番(型式):06430-KCW-870
◎自主改善対象製品の販売期間:平成18 年9 月1 日 〜平成24 年9 月30日
◎自主改善対象数:57セット(合計 57 セット)

■お問い合わせ先
本田技研工業株式会社 お客様相談センター
電話番号:0120-086-819

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る