[YAMAHA]MotoGP2012シーズンレビュー

1000ccのニューYZR-M1&ロレンソ
MotoGPチャンピオンを奪還!

ロードレース世界選手権の最高峰MotoGPクラスは、レギュレーション変更により、エンジン排気量が1000ccに拡大された。Yamaha Factory Racingのホルヘ・ロレンソとファクトリーマシンYZR-M1はすべてのサーキットでトップ争いを繰り広げ、優勝6回、2位10回という見事な成績を残し、2年ぶりのチャンピオンに返り咲いた。全18戦にわたる戦いの足跡を振り返る。

■開幕戦を制したロレンソ シリーズ序盤を首位ターン■
2012年、ヤマハのファクトリーマシンYZR-M1でMotoGPに挑むのは、2チーム・4人のライダー。まずYamaha Factory Racingから、昨年度ランキング2位のホルヘ・ロレンソとランキング5位のベン・スピース。Monster Yamaha Tech3からは、新加入したアンドレア・ドビツィオーゾと、2011ルーキー・オブ・ザ・イヤーのカル・クラッチローである。なかでも、注目の一番手は2010年のチャンピオン、ロレンソ。
彼自身、ランキング2位に留まった昨シーズンの無念を晴らす、タイトル奪還しか眼中になかった。

ヤマハは排気量が1000ccとなった新型YZR-M1の開発を着々と進めており、開幕前の冬季テストですでに高い競争力を発揮。ロレンソをはじめとする4人のヤマハ・ライダーたちは十分な手ごたえをつかみ、大きな期待を胸に抱いてシーズン開幕を迎えた。

そして4月8日、ロサイル・サーキットで第1戦カタールGPが行われ、ロレンソは昨年度チャンピオンのC・ストーナーや最大のライバルとなるD・ペドロサを抑え、今季初優勝を獲得。感動を抑えきれない様子で、「YZR-M1はこの冬の間に大きく進化した。このマシンを与えてくれたヤマハに心から感謝している」と語った。昨シーズン終盤のケガを乗り越え、新たなスタートを切ったロレンソの心境を象徴する、会心のレースだったといえよう。

さてその後、舞台はヨーロッパへ移り、いよいよ本格的なグランプリ・サーカスがスタートした。ロレンソにとって、第2戦ヘレスは地元、第3戦エストリルは3度の優勝を経験した得意のコース。
今年はフリープラクティスと予選で天候不順に翻弄されセッティング面で苦労したものの、決勝は豊富な経験を生かして冷静に走り切り、いずれも2位獲得でまとめて連続表彰台記録を更新した。しかしその間、ライバルのストーナーが2連勝。追う立場で迎えた第4戦フランスGPも予選4位に留まり、決勝は厳しい展開が予想されたが、ウエットコンディションのなか1周目からトップに立ったロレンソは、最後まで集中力をキープしてリードを拡大。10秒以上の大差で2勝目を挙げ、ランキングトップの座を奪い返した。

さらに第5戦カタルニアGP、第6戦イギリスGPでもペドロサ、ストーナーを相手に激しい首位争いを展開。いずれも「落ち着いて絶好のチャンスが巡ってくるのを待った」という言葉どおり、その冷静な判断と安定性が光るレース運びで3連勝。ランキング2位のストーナーとの差を25ポイントに拡大した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る