【新製品】ブリヂストン、モーターサイクル用スポーツツーリングラジアルタイヤ『BATTLAX SPORT TOURING T30』を新発売

株式会社ブリヂストンは、モーターサイクル用スポーツツーリングラジアルタイヤ『BATTLAX(バトラックス) SPORT(スポーツ) TOURING(ツーリング) T30(ティーサンマル)』を2013年2月1日からグローバル※1で順次発売開始致します。発売サイズは、フロントタイヤ10サイズ、リアタイヤ13サイズで、価格はすべてオープン価格です。

今回発売する『BATTLAX SPORT TOURING T30』は、Moto GP用タイヤの開発で培われた技術を搭載した当社スポーツラジアルのプレミアムブランドの商品で、中型から大型スポーツバイク用に開発致しました。扱いやすくて楽しいツーリングタイヤをコンセプトに、新パタンと新コンパウンド※2を搭載。タイヤの接地性や剛性を最適化し軽快性・ライントレース性・ドライグリップなどのハンドリング性を高めました。

「BATTLAX」シリーズは、当社が公式タイヤサプライヤーを務める「FIMロードレース世界選手権シリーズMotoGPクラス」用のタイヤを頂点にした、オンロード用モーターサイクルタイヤのプレミアムブランドで、ツーリング走行用からレース用まで、また小型バイク用から大型バイク用まで幅広いラインアップをそろえております。

当社は「BATTLAX」シリーズを始め豊富なラインアップで、今後も多くのライダーの皆様の快適なライディングをサポートしていきたいと考えております。
※1 日本では2013年2月1日に発売。アメリカ、欧州、中南米、アジア、オセアニア地区等でも順次発売予定です。
※2 フロントタイヤのみ

商品の概要は、次のとおりです。

■1.商品名
『BATTLAX(バトラックス) SPORT(スポーツ) TOURING(ツーリング) T30(ティーサンマル)』

■2.採用技術と商品の特徴
(1)「新コンパウンド」—
フロントタイヤに採用当社の基幹技術「NanoPro-Tech」(ナノプロ・テック)※1によって開発したRCポリマー(MCタイヤ用)に、MotoGPテクノロジーを駆使し、従来品BT-023のコンパウンドをさらに改良。これにより、実使用温度領域でのグリップを高めました。※1「NanoPro-Tech」は分子構造設計等を通して材料の微細構造を制御し、必要特性を引き出す技術の総称で、当社の基幹技術の一つです。
(2)「新パタン」—
フロントタイヤ、リアタイヤに採用「新パタン」採用により高いハンドリング性能とグリップ性能を発揮します。

■3.発売サイズ

※サイズはGTスペック(重量車向け専用チューニングスペック)で、フロントはスタンダード品対比 パタンと構造が異なります。リアは同様に構造が異なります。パニアケース(車体の脇に装着されて いる荷物ケース)の付いた大型ツアラー車のような重量車で快適なハンドリング、軽快性、積載安定 性を発揮します。

▼二輪車用タイヤ「BATTLAX」の商品情報はこちらから

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る