カワサキが新型「Ninja250」国内仕様を発売

カワサキから新しくなった「Ninja 250」の2013国内モデルが登場する。カワサキのタイ工場で生産されるニンジャ250は、08年に発売された従来モデルが日本を中心に世界的にも大ブレイクした250ccフルカウルスポーツモデル。新型ではスタイリングを中心に全面的なリニューアルが施されているのがポイントだ。

水冷並列2気筒DOHC4バルブのエンジンはスペックこそ従来どおりだが、細部が見直されドライバビリティが向上。デュアルスロットルバルブによる全回転域でのリニアなレスポンスはそのままに、低中速回転域ではトルクフルに、高速回転域ではパワフルに吹け上がるエンジン特性に磨きをかけた。

また、熱気を下方へと逃がす新設計のラジエターファンカバーを搭載し、ライダーの快適性も向上している。
優れた剛性バランスと耐久性を持つダイヤモンドフレームは、メインフレームに高張力鋼を採用した新設計となり、新デザインの10本スポークホイールやワイド化された140mm幅のリヤタイヤ、スポーティな角断面ショートサイレンサーが迫力のリヤビューを演出。
ブレーキには従来どおり、放熱性に優れるペタルディスクを装備し、高い制動力とコントロール性を実現するとともに、新たにABS仕様が設定されたこともトピックである。

ZX-10Rのイメージを再現したスタイリングは、デュアルヘッドライトやフルカウル、タンクからシートまわりに至るエッジの効いた造形に加え、フローティングタイプのウインドスクリーンやビルトインタイプのフロントウインカーなどがアグレッシブで美しい外観をアピール。メーターパネルもデザインを一新し、アナログ式タコメーターとマルチファンクションLCDスクリーンを組み合わせ、バックライトには白色LEDを採用するなど、スポーティかつ優れた視認性を両立している。

また、ライポジも改良され、よりスポーティで快適なライディングを実現すると同時に、4箇所に設置された荷掛けフックやヘルメットホルダーや二段式収納スペースなどを装備するなど日常の使い勝手も配慮されている点も見逃せない。

国内仕様の発売予定日は2013年2月1日。価格はスタンダードの「Ninja 250」が538,000円、特別カラーの「Ninja 250 Special Edition」が553,000円。
「Ninja 250 ABS Special Edition」は2月15日の発売で価格は603,000円となっている。

従来モデルより大幅にグレード感を高めて、クラス制覇を狙うニンジャ250。ライバルとなるCBR250RやGSR250、YBR250など他の国産250ccスポーツ勢に比べて、やや高めの価格設定からもその自信がうかがえる。
ユーザーの反応はいかがなものか注目したいところだ。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

[関連ニュース]
◆カワサキ、2013年モデル「Ninja 250」新発売
◆カワサキ、2013年モデル「Ninja 250 Special Edition」新発売
◆カワサキ、2013年モデル「Ninja 250 ABS Special Edition」新発売
◆カワサキ Ninja 250オフィシャルページ

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る