BMW、「K1200S」「K1200R」「K1200R-S」のリコール

リコール開始日:平成24年11月22日

【不具合の部位】
制動装置(リザーバータンク)

【不具合の内容】
原動機の最高回転付近で長時間連続走行した場合に、車両振動によりフロントブレーキのオイルリザーバータンク内のブレーキ液に気泡が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ブレーキ配管に気泡が混入し、フロントブレーキの制動力が低下する。

【改善の内容】
全車両、フロントブレーキリザーバータンクにスクリーンインサートを取り付ける。また、ライダーズマニュアルにスクリーンインサートに関する説明を記した追補版を差し込む。

【使用者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメール等にて通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・対策実施済車には、シート下のフレームに外-1883を貼付する

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
=型式:K1200S
■BMW K1200S
・WB10581JX7ZR86678 〜 WB10581A18ZR89972
・平成18年9月18日 〜 平成19年10月5日
■BMW K1200S
・WB10581A28ZU42550 〜 WB10581A68ZU43538
・平成19年10月22日 〜 平成20年2月27日
■BMW K1200S
・WB10581A38ZW14729 〜 WB10581A18ZW15491
・平成20年3月5日 〜 平成20年4月28日

=型式:K1200R
■BMW K1200R
・WB10584J97ZN19361 〜 WB10584098ZN22656
・平成18年9月4日 〜 平成20年4月30日

=型式:K1200R-S
■BMW K1200R-S
・WB10585JX7ZP75197 〜 WB10585037ZP78272
・平成18年11月2日 〜 平成19年7月20日

(3型式)(3車種)(計635台)
(製作期間全体の範囲)平成18年9月4日 〜 平成20年4月30日

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る