「EICMA2012」の興奮をオフィシャルサイトで!

18日で閉幕した世界最大級のモーターサイクルイベント、EICMA2012(通称ミラノ・ショー)。その興奮をWEB上で体験できるのが、「EICMAオフィシャルサイト」だ。

ニューCB500シリーズを発表したホンダや、TMAX530の特別バージョンが注目を集めるヤマハなどの国産メーカーの他、最近元気ハツラツの海外メーカーからはワールドプレミアのニューモデルが目白押しなので、ぜひ覗いてみてほしい。

目立ったところでは、ドゥカティから2013スーパーバイク世界選手権を闘う最強バージョンのホモロゲーションモデル、「1199パニガーレR」が登場。390デュークと690デュークRのデビューを控えたKTMは、RC8Rのボアアップエンジンを搭載するスーパーネイキッド「1290 スーパーデュークR」のコンセプトモデルを発表した。

アプリリアはドルソデューロ1200の強力な90度Vツインを搭載するハイテク冒険ツアラー「Caponord 1200」をリリース。トライアンフは正常進化した新型「デイトナ675」と「スピードトリプル」をお披露目した。3気筒マシンで攻勢をかけるMVアグスタも、F3やブルターレ675に続き、排気量をアップした「ブルターレ800」を発表。同じ3気筒800cc搭載のニューコンセプトマシン、「Rivale」も注目したい。

また、2013年が創立90周年に当たるBMWモトラッドでは、これを記念して空冷フラットツインのニューモデルを開発していることを発表。オフロードの名門、ハスクバーナからは、60〜70年代のオフロードレーサーをモチーフに最新技術で蘇らせた「Bajaコンセプト」が異彩を放っている。

他にも、モト・グッツィのビッグクルーザー「カリフォルニア1400」や、ハーレー・ダビッドソンの2013フルラインナップなど、各メーカーの2013モデルの最新情報が満載。同サイトは英文表記だが、ニューモデルの美しい写真を見ているだけでもワクワクしてくるはずだ。 EICMAオフィシャルサイト(英文)

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

[関連ニュース]
◆ ミラノショー(EICMA2012)ニューモデル発表 ◆

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る