[HONDA]MotoGP HRCチーム代表 中本修平 現場レポート Vol.89

最終戦は2選手ともに表彰台。2012年は2年連続で2タイトルを獲得!

2012年の最終戦となった第18戦バレンシアGPは、今季5度目のポールポジション(PP)から決勝に挑んだダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、シーズン最多勝利となる7勝目を挙げました。今大会は、3日間ともに不安定な天候で、フリー走行は3セッションともにウエットコンディション。予選はドライコンディションとなりましたが、決勝は再び雨。ウエットからドライへと変化する難しいレースとなり、ピットスタートから猛烈に追い上げたペドロサが独走で優勝しました。
 今大会で現役を引退するケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)は、右足首のケガがまだ完治していないため、不安定な天候の中で慎重な走りとなりました。そのため予選は3番手、決勝もレインタイヤでスタートし、そのあとマシンチェンジを行い、一時的に16番手まで順位を落としますが、猛烈に追い上げて3位でフィニッシュ。引退レースを表彰台で締めくくりました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 画質が鮮明、自動録画や衝撃センサーも重宝する 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  2. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  3. 【PR】 バンキングがクイック!全てがダイレクトに変化 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  4. 【PR】 性能復活だけじゃない遙かな高みの入口へ 【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾…
ページ上部へ戻る