中須賀克行がMotoGP最終戦で2位表彰台の快挙!

11月11日(日)にMotoGP最終戦バレンシア決勝レースが行われ、代役出場した中須賀克行が難しい路面コンディションの中、2位でフィニッシュ! 日本人ライダーとしてMotoGPクラスでは、2006年第8戦オランダで中野真矢が2位に入って以来、6年振りとなる表彰台を獲得。優勝したダニ・ペドロサ、3位で今回が引退レースとなったケーシー・ストーナーと共に表彰台に上がり、何度も拳を振り上げた。

「まだ夢のようで信じられない気持ちでいっぱいですが、いい走りができてよかったです。このような機会を与えてくれたヤマハに感謝したいです」と中須賀。自身が開発してきたマシンで成し遂げた快挙。さらに二男が誕生した日ということで、喜びもひとしおだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る