HONDA、MotoGP Rd.18 バレンシアGP プレビュー

2012年シーズンの最終戦となる第18戦バレンシアGPが、11月9日から11日までの3日間、バレンシア郊外にあるバレンシア・サーキットで開催されます。1999年に第1回大会が開催されてから今年で14度目の開催となります。2002年からは最終戦の舞台として定着し、今年もシーズン締めくくりの大会として行われます。

バレンシア・サーキットは、一周4.005kmのテクニカルコース。左回りで低中速コーナーが連続し、メインストレートを除き、常にマシンがどちらかにバンクしていて、難易度の高いレイアウトになっています。また、バレンシアはウインターテストの舞台として定着しているため、どのチームもデータは豊富で、毎年初日からレベルの高い戦いが繰り広げられます。MotoGPクラスでは、過去13大会でHonda勢は6勝を挙げています。今年は、バレンシアGP2年連続制覇と通算7勝目を狙う大会。そして、シーズン12勝目に挑みます。

昨年の大会で優勝しているケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)は、ホームGPとなった前戦オーストラリアGPで今季5勝目を挙げました。ケガからの復帰3戦目の勝利。ホームGPで6連覇を達成した勢いで、今大会では2連勝とシーズン6勝目を狙います。

今年で引退を表明しているストーナーにとっては、これが最後のグランプリとなります。「前戦のような走りができるかどうかは分かりません」と語るストーナーですが、08年から4年連続でポールポジション(PP)を獲得し、08年と11年に優勝しています。引退レースとなる今大会は、5年連続のPPと3度目のバレンシアGP優勝を達成して、有終の美を飾る意気込みです。

ストーナーは、125cc時代の03年にバレンシアで初優勝を達成しています。以来、ストーナーは通算45勝を挙げ、最高峰クラスの通算38勝は、バレンティーノ・ロッシ、ジャコモ・アゴスチーニ、ミック・ドゥーハンに次ぐ歴代4番目の記録となっています。今年はケガのために3度目のタイトル獲得は果たせませんでした。しかし、ストーナーの速さは、世界中のレースファンのハートをつかんでいます。ストーナーのラストランに世界中が注目することになります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る