「電子デバイス」の威力を実感!

最近のバイクの進化には目を見張るものがあります。といっても、最高速や馬力の話ではありません。今のトレンドは電子制御テクノロジー。主役は電子制御ABSやトラクション・コントロール・システム(TCS)、電子調整式サスペンション、パワーモードなどのライダーサポートシステムです。

先日も友人とビッグアドベンチャーツアラー2台で林道ツーリングに出かけてみたのですが、120psを超えるパワーと250キロを超える車重です。よほどの腕と体力、度胸がなければ、普通に考えたらとてもダートなど走れませんよね。それがどっこい、けっこう走れてしまうのです。

パワーモードを低いレベルにセットすれば、スロットルレスポンスは穏やかになるし、それでも開けすぎてリヤが滑り出せばトラコンが即座に介入してバランスを回復してくれる。砂利道などはブレーキロックが怖くてなかなかレバーを握り込めないものですが、ABS装備であれば自動的にロック&リリースを繰り返しながら安定して減速してくれます。

ちょっと前のABSだと、ダートでは解除していないと止まれないものでしたが、最近のABSは制御が緻密になって低ミュー路面でも制動距離をかなり正確に読めるようになりました。アドベンチャーブームを影で支えているのは実はこうした電子制御なんですね。

最近、ボッシュが最新型ABS&トラコンを導入するというニュースが伝えられましたが、
こちらは傾斜角センサーも搭載し、なんと縦、横、垂直、ヨー、ロール方向という「5D」の加速度を検知して、車体姿勢をコントロールするそうです。このセンサー値は将来的に、コーナリングABS、転倒検知、後輪走行コントロール、セミアクティブサスペンションなどの機能にも応用されるという話です。

電子制御については賛否両論あるかもしれませんが、安全や快適につながることであれば私としては大歓迎です。これから先、モーターサイクルはどんな乗り物に進化していくのでしょう。興味は尽きないですね。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

[関連ニュース]
◆ボッシュ、モーターサイクル用の新しいSU-MM5.10傾斜角センサー誕生

◆ボッシュ、アンチロック・ブレーキ・システムの追加機能を提供

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る