[HONDA] MotoGP Rd.17 決勝 ストーナー今季5勝目。ホームGP6連覇を達成

第17戦オーストラリアGPの決勝は、午前中は雲の多い天候でしたが、決勝レースが行われた午後は青空が広がり、今季5度目のポールポジション(PP)から2周目にトップに立ったケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)が、すばらしい走りで今季5勝目を達成しました。フリー走行、予選とライバルを圧倒したストーナーは決勝でも、その走りを見事に再現。オープニングラップは、チームメートのダニ・ペドロサとホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)に続いて3番手でしたが、2周目にトップに浮上すると、ぐいぐいペースを上げて独走しました。

ストーナーは予選ではただ一人、1分29秒台をマーク。決勝でも1分30秒台前半の好タイムでラップを刻みました。そして、レース中盤には後続に5秒以上のリードを築き、27周のレースを終えたときには約10秒の大量リードを築いての圧勝となりました。

フィリップアイランド・サーキットには、今年で引退を表明しているストーナーの走りを見ようと、オーストラリア全土から大勢のファンがかけつけました。その期待に応える5年連続のPPと6年連続の優勝。「最高の形でファンにさようならが言えた」とストーナーは、優勝の喜びを噛みしめていました。

今年は2年連続でタイトルを獲得して引退するというのが、ストーナーの新たなモチベーションとなっていました。しかし、第11戦インディアナポリスGPの予選で右足首を骨折。痛みをこらえて出場した決勝で4位と熱走を見せますが、手術が必要な状態だということが判明し、以後の3戦を欠場することになりました。2カ月後の第15戦日本GPに復帰して5位、第16戦マレーシアGPで3位と調子を上げたストーナーですが、3連戦最後のレースとなった母国GPで、見事優勝を果たしました。

一方、総合2位のペドロサは、好スタートからオープニングラップで首位に浮上しますが、2周目のヘアピンで痛恨の転倒を喫し、再スタートしますが、リタイアとなりました。総合首位のロレンソと23点差で迎えた今大会。最終戦バレンシアGPにタイトル争いを持ち越すためには、ロレンソに先着することが条件となっていました。その目標に向けて全力を尽くしましたが、路面のギャップに乗り上げたことが転倒につながりました。悔しいレースになりましたが、最終戦バレンシアGPは、気持ちを入れ替えて、シーズン最多勝利の7勝目を狙います。

予選7番手から決勝に挑んだアルバロ・バウティスタ(Team San Carlo Honda Gresini)は、ステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ヤマハ)とし烈な4位争いを繰り広げて5位。ブラドルが6位でフィニッシュしました。CRTマシンで出場のミケーレ・ピロ(Team San Carlo Honda Gresini)は14位でした。

Moto2クラスは、今季7度目のPPから好スタートを切ったポル・エスパルガロ(Tuenti Movil HP 40)が、2位以下に約16秒の大量リードを築く独走で今季4勝目を達成。その後方では、地元の声援を受けて熱走を見せるアンソニー・ウエスト(QMFF Racing Team)が2位。ウエストとスコット・レディング(Marc VDS Racing Team)とし烈なバトルを繰り広げたマルク・マルケス(Team Catalunya Caixa Repsol)が3位でフィニッシュして、タイトルを獲得しました。

タイトル王手で今大会を迎えたマルケスは、エスパルガロが優勝しても14位以内ならチャンピオンが決まるというレースでした。しかし、守りのレースではなく、3位表彰台に立ってのチャンピオン獲得に大きな拍手が送られました。今年は圧倒的なスピードで、ここまで8勝を挙げています。来季は、Repsol Honda TeamからMotoGPクラスにチャレンジします。レディングは、終盤まで2位争いの集団をリードしますが、ウエストとマルケスに抜かれ、僅差の4位でフィニッシュしました。

予選5番手から決勝に挑んだ中上貴晶(Italtrans Racing Team)は、6台の5位争いの中で10位。高橋裕紀(NGM Mobile Forward Racing)は、27グリッドから追い上げて16位でフィニッシュ。小山知良(Technomag-CIP)は28グリッドから、決勝22位でした。

Moto3クラスは、予選6番手から決勝に挑んだミゲル・オリベイラ(Estrella Galicia 0,0)が2位。6台に膨れあがったし烈な3位争いの中でアレックス・リンス(Estrella Galicia 0,0)が4位。ロマノ・フェナティ(Team Italia FMI)が6位。アレッサンドロ・トヌッチ(Team Italia FMI)が7位でフィニッシュしました。予選8番手から決勝に挑んだマーベリック・ビニャーレス(Blusens Avintia)は転倒リタイア。藤井謙汰(Technomag-CIP-TSR)は22位でした。

【コメント】
■ケーシー・ストーナー(MotoGP 優勝)
「シーズンが終わる前に優勝したいと思っていたし、その目標をホームGPで達成できてとてもうれしいです。一番の心配は、このレースで優勝争いができるかどうかでした。でも、全力で挑むことができました。最高のレースができたし、こうして地元ファンにお別れを言えることもうれしいです。レースに向けてかなりナーバスになっていましたが、フィリップアイランドとしては、最高のコンディションでレースが戦えました。終盤は、大きなリードを築いていたし、観客を見る余裕もありました。僕を応援してくれているみんなを見ながら走るのは最高の気分でした。オーストラリア人であることを誇りに思う一日でした。今日は、タイトルを獲得したホルヘにおめでとうと言いたい。そして、タイトル争いができなかったことが、とても残念でした。でも自分のミスだし、これもレースなんだと思います。目の前で転倒したダニは気の毒でした。でも今日の彼はチャンピオンシップで希望をつなげるためにもプッシュして勝たなければなりませんでした。あれは小さなミスだったし、あのコーナーではああいうことが起こりえます。本当に残念なレースでした。とにかく今日は、応援に来てくれて、サポートしてくれたみんなに感謝したいと思っています」

■アルバロ・バウティスタ(MotoGP 5位)
「5位でフィニッシュできてうれしいです。でも、もしダニの転倒がなかったら6位だったと思うし、そういう点では、もっとがんばらなければいけないと思いました。チャンピオン争いをしていたダニの転倒は、本当に残念でした。今日は表彰台争いができるんじゃないかと思い、ロレンソの後ろのグループについていこうと全力を尽くしました。でもストレートでのスピードが足りず、その遅れを、ほかの場所で取り戻さなければなりませんでした。しかし、ドヴィツィオーゾとブラドルとのバトルはとても楽しかったし、おかげで、あっという間にレースは終わった感じがします。最後に一度アタックしたけれど、ストレートでまたドヴィツィオーゾにパスされてしまいました。表彰台には届かなかったけれど、ポジティブな結果でした。チームに感謝したいです。次のバレンシアGPでは、チャンピオンシップの5位でシーズンを終われるようにがんばりたい」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る