BMWマキシスクーター「C600Sport&650GT」が日本上陸!

昨年のEICMA(ミラノショー)での発表から約1年、いよいよBMWのマキシスクーター、C600SportとC650GTが日本に上陸、全国のBMW Motorrad正規ディーラーで2012年11月9日(金)より販売を開始する。すでに欧州などでは発売開始され、絶賛されているモデルだけに、今や遅しと心待ちにしていた人も多いはずだ。
今、世界の交通環境は急速に様変わりしている。都市への人口集中とこれに伴う慢性的な渋滞の発生や駐車スペースの不足、排出ガス増加、ガソリン価格の高騰など・・・・・・。

今後厳しさを増すであろうこれらの問題に対して、BMWは持続可能なパーソナルモビリティに活路を見出そうとしている。その第一弾として登場したのが、C 600 SportおよびC 650 GTであり、今後はマキシスクーターの枠にとどまらない、新たな「Urban Mobility(アーバン・モビリティ)」のカテゴリーにBMW Motorradのビジネスを拡大していく方針を打ち出している。

以下、BMWプレスリリースより。
「マキシ・スクーター・セグメントにおいて初のプレミアム・モデルとなるニューBMW C 600 SportおよびニューBMW C 650 GTは、BMW Motorradの卓越した運動性能と、スクーター特有の俊敏性および走行快適性を融合し、新たな次元のダイナミックなライディング・エクスペリエンスを提供する。両マキシ・スクーターは、それぞれ異なる特徴を備え、幅広い顧客の要求に応えることが可能である。ニューBMW C 600 Sportは、よりスポーティな走りを好むライダー向けに開発され、一方で、ニューBMW C 650 GTは、長距離ツーリングでの優れた走行快適性を主眼に開発されたモデルである。
スポーティかつダイナミックなマキシ・スクーターであるニューBMW C 600 Sportは、フットレスト、シート、ハンドル・バーの3点のポジションを、人間工学的に最適なデザインとすることにより、アクティブなライディングを可能にする着座姿勢を生み出している。

一方で、ニューBMW C 650 GTは、ライダーおよびパッセンジャーに快適な乗り心地を提供するため、リラックスできる直立した着座姿勢を可能にするライダー・シートや、調整式バックレスト、ハイ・ハンドルバー、ならびに、パッセンジャー・フットレストを組み合わせることにより、優れたツーリング性能と長距離走行における高い快適性を実現している。さらに、ニューBMW C 650 GTでは、大型の電動制御式ウインドシールドを採用し、優れた防風および防雨性能を備える」

ネーミングからすると排気量が異なるように思えてしまうが、両モデルともエンジンとシャーシは共通である。新開発の水冷4スト並列2気筒DOHC647ccユニットは、クラス最強レベルーとなる44kW(60ps)/7,500rpm、最大トルク66Nm/6,000rpmを実現。駆動は滑らかで快適な加速をもたらすCVT(無段変速機)ギヤ・ボックスからスイングアーム内装式のチェーンドライブを通じて路面に伝えられる仕組みだ。

シャーシにはねじり剛性の高い鋼管ブリッジ・フレームとアルミニウム・ダイキャスト・ユニットからなるハイブリッド素材を採用し、高速安定性と市街地での軽快なハンドリングを両立。強力なパワーを支える足回りには、フロントφ40mm大径倒立フォーク、リヤには左側水平配置によるサスペンション・ストラットを使用。前後ブレーキともφ270?の大径ディスク(フロントはダブル装着)とABS標準装備の高性能ブレーキシステムを採用し、高水準の安全性を確保している。

BMWらしい革新的なファンクションも魅力である。C 600 Sportは、フレックスケースを車体後部のシート下に備え、バリエーションに富んだ収納コンセプトを実現。C 650 GTでは、シート下の容量約60リッターのコンパートメントに、ヘルメット2個を余裕で収納可能。サイドスタンド連動タイプのパーキングブレーキやマルチファンクション・メーターパネル(オンボードコンピュータ付き)。電動(C 650 GT)または手動(C 600 Sport)調整式ウインドシールド、グリップ&シートヒーターを標準装備。豊富なオプション装備やカスタムメイドのアクセサリーも魅力だ。

筆者も昨日、さっそく試乗してみたが、従来のスクーターとは別次元のスポーティかつ上質な走りと、ハイグレードな作り込みが印象的だった。価格的にも110万円台と国産をはじめとする同クラスのライバルに引けを取らない戦略プライスを打ち出している。
不況続きの2輪業界に一石を投じる存在になりうるか、大いに注目されるところだ。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

[関連ニュース]
◆BMW、「ニューBMW C 600 Sport」、「ニューBMW C 650 GT」登場

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る