[HONDA]JMX Rd.9 成田亮が全日本最高峰クラスIA1のシリーズタイトルを獲得!

今季の全日本モトクロス選手権はいよいよファイナルレースを迎え、第50回MFJ-GPモトクロス大会が、今季第4戦でも使われた宮城県のスポーツランドSUGOで開催されました。2つの丘を使ってレイアウトされたこのインターナショナルコースは、アップダウンに富む設定。今大会では、基本レイアウトはそのままに、一部セクションに小さな変更が施されました。

天候は、予選が繰り広げられた土曜日が晴れで、決勝が開催された日曜日が晴れまたは曇り。乾いた風と20℃を超えた気温により、粘土質の路面が硬く締まりすぎることが心配されました。しかしコースには、今大会でも事前から完ぺきな整備が行われていて、最終レースまで文句なしのベストコンディションが保たれました。

全日本最高峰クラスとなるIA1では、TEAM HRCの成田亮がこの最終戦を、2番手と45ポイント差のランキングトップで迎えました。またIA2では、星野優位(SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS)がトップとわずか5ポイント差のランキング2番手で、今大会に臨みました。

●IA1(450/250)ヒート1

TEAM HRCの成田亮は、11位以内でゴールすれば自力でシリーズタイトルが獲得できる状況で、このレースを迎えました。好スタートを決めた成田は、1周目でトップに浮上。チームメートの平田優がこれをマークし、TEAM HRCが序盤からワン・ツー態勢。成田と平田の後方には新井宏彰(カワサキ)と熱田孝高(スズキ)が続き、この4台がトップグループを形成しました。

レースが後半に入ると、一度は集団から後れていた小島庸平(スズキ)が、再びトップグループに接近。14周目には、平田が成田の攻略を試みるも、逆に4番手へと順位を落としました。そしてラスト3周となった15周目、後方からの追撃をかわし続けてきた成田がまさかの転倒。5番手に順位を下げてしまいました。

成田の転倒により3番手へと浮上した平田は、まず新井を抜くと、ラストラップにはトップを走る熱田に肉迫。しかし約0.7秒届かず、平田は2位でフィニッシュしました。TEAM HRCのもう1台、小方誠はレース後半に順位を落として10位でゴール。優勝は逃しましたが、成田は5位に入賞して、シリーズタイトル獲得を決めました。

●IA1(450/250)ヒート2

今季最終レースを勝利で飾るべく挑んだ成田は、好スタートを決めてオープニングラップをトップでクリア。小島と熱田がこれに続きました。小方は、スタート直後の1コーナーでマルチクラッシュに巻き込まれ、ほぼラストからのレースに。平田はスタートで大きく出遅れ、レース中盤に転倒を喫すると、このレースのリタイアを決めました。

トップ争いでは、先頭を走る成田が小島と熱田を序盤にやや引き離し、その後は3秒程度のアドバンテージをキープしながら走行。地元大会とあって多くのファンが声援を送る中、トップを走り続けました。そしてレースは18周でチェッカー。オープニングラップから一度もトップの座を譲ることなく、成田が優勝しました。

この結果、成田は今季18ヒート中で14勝を挙げ、2位の新井を48ポイント引き離してシーズンを終了。また平田は、シリーズランキング3位を獲得。この今季最終レースでは9位まで追い上げてゴールした小方は、ランキング6位となりました。

●IA2(250/125)ヒート1

秋のSUGOで開催される全日本選手権は、グランプリ大会とされていて、MFJライセンス所持者以外の参戦も可能。この制度を利用してIA2には、今季のオーストラリア選手権でMX2クラスの王者となったフォード・ディールが、チーム「N.R.T.」からスポット参戦しました。予選から圧倒的な速さを披露したディールは、決勝ヒート1でもスタート直後からトップを独走。2位以下を40秒近くも引き離して勝利しました。

その後方では、2周目に2番手へと浮上した星野優位を、レース中盤に追い上げた田中雅己(TEAMナカキホンダ×CRF)と竹中純矢(カワサキ)が追う展開に。そして終盤、田中が星野を抜いて2番手に浮上。星野はさらに竹中にも抜かれ、田中、竹中、星野の順でゴールしました。しかし暫定表彰式後に、竹中が黄旗無視により降格。正式リザルトでは、Honda勢がトップ3を独占しました。

●IA2(250/125)ヒート2

ヒート1で星野は最終的に3位となり、ランキングトップの山本鯨(スズキ)が5位となったため、山本と星野のポイント差がわずか1点という状態で、この最終決戦を迎えました。レースは、再び1周目からトップに立ったディールが、後続を引き離す展開。田中が4番手、星野は9番手でオープニングラップをクリアしました。序盤、8番手に浮上した星野はペースが上がらず、苦しい展開となりました。

また、3番手に浮上した田中は、7周目に転倒を喫して7番手に後退。一時は星野と接近戦を繰り広げましたが、その後に星野を振り切って、順位を回復していきました。そして、レースは再びディールが勝利し、田中は5位に入賞。8位でゴールした山本に対して、星野は10位に終わり、3ポイント差でランキング2位となりました。また今大会での活躍により、田中は3位にランキングを上げて、シーズンを終了しました。

◆コメント
◎成田亮(IA1・5位/優勝)
「シリーズチャンピオンになれたのはうれしかったのですが、優勝して決定できなかったので、ヒート1の終了直後はかなり悔しかったです。だいぶん走りが硬かったですが、それでもレース序盤からトップを守り続けられました。そのままゴールできれば、カッコよく決められると思ったのですが、タイトルを意識しすぎて、やっぱり転んでしまいました。でもヒート2は、ちゃんと勝つことができて、そのうっぷんを晴らすことができました。今季からTEAM HRCで参戦することになり、新しいチームと新型のマシンでチャンピオンを獲得するという、難題に臨むことになりましたが、自分ならやり遂げられると信じていました。サポートし続けてくれたチームやスタッフ、そしていつもコースサイドで応援してくれるファンのみなさんに感謝しています。応援ありがとうございました」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  2. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  3. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  4. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
ページ上部へ戻る