光岡自動車がEVトライクを発売!

独自の立ち位置でユニークなクルマ作りを続けている光岡自動車から、新型電気自動車(EV)『雷駆(ライク)-T3』が発売された。

以下、レスポンスより
『 雷駆-T3は、軽自動車と原付四輪車の中間的な位置づけとなる3輪の小型電気モビリティ。乗車定員は2人で、後部に大きな荷台を持ち、最大積載量は100kgとなっている。充電時間と航続距離は、ショートレンジの「S」グレードが4時間で40km、ロングレンジの「L」グレードが6時間で60km。100Vコンセント対応となっている。
安全性については、リアオーバーハングに電池を搭載するなど、後輪軸への荷重配分を考慮した設計とし、最大安定傾斜角42度を実現。3輪とは思えない安定性を発揮する。
また、回生ブレーキを強めに設定することで、フットブレーキを踏むことなく、アクセルを放すだけで、減速、停止を可能とした。これはブレーキ系統の耐久性保持にも貢献し、補修の手間を軽減するなど、業務用に適した仕様となっている。
新型車は道路運送車両法上では、トライクと同じ250cc以下の側車付軽2輪車扱いで、車検・車庫証明が不要。さらに、経済産業省のクリーンエネルギー自動車等導入対策費補助金の対象車輌として正式認定されており、最大30万円の補助金が適用される。価格は129万5000円から143万5000円 』 とのこと。

10月18日より発売が開始された光岡『雷駆-T3』は、すでに企業からの引き合いもあり、佐川急便の小口配達用として発売前より実戦投入され、車両データのフィードバックが行われているそうだ。

最近は運送会社もトラックではなく、街中では小回りが利く自転車式のリヤカーや台車を使う姿が日常的になってきた。その意味では、ちょうど大型バイク程度のサイズの雷駆-T3であれば駐車スペースも小さくて済み、排気ガスも出さないということで、街に溶け込みやすいだろう。そして、トランスポーターとしては100?の積載量も大きな魅力だ。最高速度については未発表だが、将来的には近距離用のタクシーのような使い方も期待できそうだ。

先月、トピックスで紹介した「超小型車」といい、最近はEVの進出により、2輪、4輪という枠を超えたボーダレスな乗り物が増えてきている。乗り物好きとしては、楽しいニュースだ。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

[参照:レスポンス]
光岡、EVトライク 雷駆-T3 を発売…2人乗り、最大積載量100kg

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る