[HONDA]MotoGP Rd.16 マレーシアGPプレビュー

日本GPからの連戦となる第16戦マレーシアGPが、10月19日(金)から21日(日)までの3日間、クアラルンプール郊外のセパン・サーキットで開催されます。マレーシアGPは1991年に第1回大会がシャーアラムで行われました。その後、クアラルンプール国際空港と同時期に建設がスタートしたセパン・サーキットが完成し、99年からはセパン・サーキットがマレーシアGPの舞台となりました。

マレーシアGPとしては今年で22回目、セパンでは14回目の開催となります。昨年は、マルコ・シモンチェリ選手(Team San Carlo Honda Gresini)が、レース中の不慮の事故で亡くなるという悲しい大会となりました。事故が発生したあと、レースは中断されて、MotoGPクラスの決勝レースは中止となりました。

セパンは、サーキットが完成して以来、ウインターテストの舞台としても定着しています。今年もシーズン開幕前には、MotoGPクラスのウインターテストが2度行われました。各チームともに、シーズンを通じて最も走行データの豊富なサーキットだけに、例年、初日からレベルの高い走りが繰り広げられます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全国のバイクショップの新車・中古車を検索、比較できる【Webikeバイク選び】は、パソコンで…
  2. 熾烈化する原二~軽二輪スクーターの覇権争いにヤマハが主力機とそして投入するのがマジェスティS…
  3. ▲GTS SUPER 300「マットブルー」 ベスパは、2018年に国内販売が開始されてい…
  4. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
ページ上部へ戻る