[HONDA]MotoGP Rd.15 日本GP プレビュー

ロードレース世界選手権第15戦日本GPが、10月12日から14日までの3日間、栃木県・ツインリンクもてぎで開催されます。ツインリンクもてぎでは、1999年に初めて日本GPが開催されました。2000年から03年までの4年間は、鈴鹿サーキットで日本GP、ツインリンクもてぎでパシフィックGPが開催されましたが、04年からは、ツインリンクもてぎだけの開催となり、日本GPの舞台として定着しました。

昨年の大会は、予選4番手から好スタートを切ったダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が優勝。02年の125cc、04年の250ccクラスに次いで最高峰クラスも制し、ツインリンクもてぎの3クラス制覇を達成しました。

ツインリンクもてぎは、一周4.801km。2カ所の立体交差が設けられたストップ&ゴー・サーキットで、マシンにもライダーにもレベルの高い走りが要求されます。マシンには、ハードブレーキングと鋭い加速が求められます。ライダーには、加減速の激しさをコントロールする高い集中力と体力が要求されます。昨年のペドロサは、マシンのポテンシャルを存分に引き出し、すばらしい走りでライバルを圧倒しました。

今年は、シーズン中盤から導入したRC213Vの仕上がりもよく、第11戦インディアナポリスGP、第12戦チェコGP、第14戦アラゴンGPで優勝するなど、今季4勝を達成するすばらしいリザルトを残し、得意とするツインリンクもてぎを迎えることになりました。今年も優勝候補の大本命。昨年からの2連覇と今季5勝目が期待されます。14戦を終えて、総合首位のホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)と33点差。残り4戦での逆転を目指します。

第11戦インディアナポリスGPの予選で転倒、右足首を負傷し決勝4位と熱走を見せたケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)が、今大会から復帰します。ストーナーは、第12戦チェコGP開幕直前に、足の状態が悪いことから手術を決断します。それから約1カ月半がたち、右足も順調に回復し、希望通り、日本GPからの復帰が実現しました。今年を最後に現役引退を表明しているストーナー。今季4勝を挙げていますが、ここからの4戦は得意とするサーキットが続くだけに、これからどんな走りを見せてくれるのか、世界中のレースファンが注目しています。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  2. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  3. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
ページ上部へ戻る