[YAMAHA]JRR Rd.8 JSB1000 中須賀克行、今季4勝目を飾る

YZF-R1を駆る中須賀克行が今季4勝目を飾った。前大会でポールポジションを獲得して優勝している中須賀は、今回の岡山国際でもポールポジションからスタート、終盤では後続を引き離して独走して優勝。4戦連続ポールの2連勝で今季4勝目を飾った。

土曜日のノックアウト予選では、Q1、Q2、Q3と全セッションでトップタイムをマーク。これで筑波、SUGO、オートポリスに続き4戦連続でのポールポジション獲得となった。日曜日の決勝では、好スタートでホールショットを奪う。2番手には秋吉耕佑(ホンダ)が続き、中須賀と秋吉が接戦を演じながら後続を引き離していく展開。5周目ころまでは、両者ともに1分29秒台のラップが続いたが、徐々に秋吉のラップタイムが落ち始め中須賀との差が広がっていく。

8周目にはトップ中須賀と秋吉との差は約1秒となり、以後も速いペースを維持する中須賀が独走体制を築く。17周目終了時点で、トップ中須賀と2番手・秋吉とのタイム差は7秒7。中須賀がゴールラインを通過すると、最終コーナーに秋吉が現れるというほどのタイム差となった。
そして最終的に8秒2差で中須賀はウイリーでゴールした。

なお、柳川明(カワサキ)は3位となり、ランキングポイントでは、トップの中須賀と2番手の柳川との差は28ポイントに広がった。

◆中須賀克行選手談(優勝)
「レースウイークに入ってから、シフトがニュートラルに入ってしまうというトラブルが続いていたので、レースでは、意識してシフト操作するようにしていました。それでもレース中盤で一度、その症状が出てしまい、そのときに後方を確認したのですが、この段階で秋吉選手が離れていたので安心しました。チャンピオン獲得に向けて、手応えはありますが、やはり最後まで勝利にこだわっていきたい。最終戦の鈴鹿のフルコースでは優勝経験がないので、今年はぜひとも優勝してチャンピオンを決めたいです」

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  2. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  3. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
  4. ※イメージ画像 国土交通省・経済産業省は、国立研究開発法人産業技術総合研究所に委託して開発した…
ページ上部へ戻る