全日本ロードレース第8戦岡山 JSB1000クラス予選 中須賀克行が4戦連続ポールポジションを獲得!

ノックアウト方式で行われたJSB1000クラスの公式予選。最終セッションは、中須賀と秋吉が激しいタイムアタックを繰り返した。先行したのは、秋吉。1分29秒台で周回し、1分29秒115まで縮めリーダーボードのトップに立つ。その直後に最初のタイムアタックに入った中須賀が1分29秒111をマーク、秋吉を4/1000秒上回りトップを奪うと、そのままセッションは終了。中須賀が4戦連続ポールポジションを獲得した。秋吉が2番手、柳川が3番手、山口が4番手、今野由寛が5番手と続いた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  2. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
  3. Monster Yamaha Tech3は、ジョナス・フォルガー選手の欠場を受け、ハフィス・…
  4. ウェビックTV動画で紹介して以来、かなりヒットしているスマホホルダー「Quad Lock(ク…
ページ上部へ戻る