全日本ロードレース第8戦岡山 JSB1000クラス予選 中須賀克行が4戦連続ポールポジションを獲得!

ノックアウト方式で行われたJSB1000クラスの公式予選。最終セッションは、中須賀と秋吉が激しいタイムアタックを繰り返した。先行したのは、秋吉。1分29秒台で周回し、1分29秒115まで縮めリーダーボードのトップに立つ。その直後に最初のタイムアタックに入った中須賀が1分29秒111をマーク、秋吉を4/1000秒上回りトップを奪うと、そのままセッションは終了。中須賀が4戦連続ポールポジションを獲得した。秋吉が2番手、柳川が3番手、山口が4番手、今野由寛が5番手と続いた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 東京モーターサイクルショーのプロトブースに展示されたBENELLI=ベネリのバイク。以降国内…
  2. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  3. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  4. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
ページ上部へ戻る