全日本ロードレース第8戦岡山 J-GP2クラス予選 渡辺一樹が今季初ポールポジションを獲得!

J-GP2クラスは、セッション当初はポイントリーダーの生形秀之が1分32秒877でモニターのトップに。ポイントで2番手につける渡辺一樹が続く。
終盤に入るとアタックも激しくなり、渡辺が32秒055までタイムアップ、トップを奪った。生形も32秒602まで更新するものの、2番手でセッションが終了。
3番手には昨日の練習走行でトップだった野左根航太が32秒679、4番手が浦本修充で32秒968とここまでが32秒台。5番手に岩田悟が33秒100、6番手は野田弘樹で33秒150という順位となった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全国のバイクショップの新車・中古車を検索、比較できる【Webikeバイク選び】は、パソコンで…
  2. 熾烈化する原二~軽二輪スクーターの覇権争いにヤマハが主力機とそして投入するのがマジェスティS…
  3. ▲GTS SUPER 300「マットブルー」 ベスパは、2018年に国内販売が開始されてい…
  4. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
ページ上部へ戻る