全日本ロードレース第8戦岡山 ST600クラス予選 チャランポンが今季2度目のポールポジションを獲得!

続いて始まったST600の公式予選は、3周目に早くもマークした1分32秒523のレコードタイムで、今季2度目のポールポジションを獲得したのがチャランポン・ポラマイ。
同僚でポイントリーダーのデチャ・クライサーも32秒717のレコードを破るタイムをマークして2番グリッドに位置し、タイ勢が1-2を占めた。3番手には32秒954の津田拓也。4番手は井筒仁康が33秒338、5番手には岩崎哲朗が33秒403でRS-ITOHが2台続く。ここまでがピレリ勢で、ブリヂストンでは最上位の渡辺一馬が33秒506で予選6位となった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ セロー250】 ディテール&試乗インプレッション 2017年に更に厳しくなる排…
  2. NEXCO中日本は、「第11回 高速道路と風景フォトコンテスト」の入賞作品を決定した。また、…
  3. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  4. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
ページ上部へ戻る