全日本ロードレース第8戦岡山 J-GP3クラス予選 長島哲太が堂々のポールポジション獲得!

昨日の晴天とは一転し、雲に覆われて気温も上がらない岡山国際。J-GP3クラスの公式予選はオンタイムで始まった。モニターのトップに立ったのは、1分36秒台をマークした長島哲太。長島はその後もタイムを縮め、40分間の予選セッションが終わる直前には36秒253まで更新してポールポジションを獲得した。2番手にはセッションの後半でタイムを上げた山本剛大が37秒045で続き、3番手は山田誓己が37秒224でここまでがフロントロウを獲得。以下、森俊也、國峰啄磨、仲城英幸と続く。スポット参戦している藤井謙汰は10位、ポイントリーダーの徳留真紀は14位となっている。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全国のバイクショップの新車・中古車を検索、比較できる【Webikeバイク選び】は、パソコンで…
  2. 熾烈化する原二~軽二輪スクーターの覇権争いにヤマハが主力機とそして投入するのがマジェスティS…
  3. ▲GTS SUPER 300「マットブルー」 ベスパは、2018年に国内販売が開始されてい…
  4. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
ページ上部へ戻る