[YAMAHA]MotoGP Rd.14 J・ロレンソ&YZR-M1、2位表彰台でランキングトップをキープ

ヤマハ・ファクトリー・レーシングのJ・ロレンソが今季7度目の2位獲得、チームメイトのB・スピースは5位。モンスター・ヤマハ・テック3チームのA・ドビツィオーゾとC・クラッチローは最後の最後までチームメイト同士で3位争いを繰り広げ、ドビツィオーゾが3位、クラッチローが0.137秒差で4位となった。

23周の決勝レース、ポールポジションからスタートしたロレンソは、好スタートを切り、その後ろにD・ペドロサ(ホンダ)、スピース、クラッチロー、S・ブラドル(ホンダ)、ドビツィオーゾが続く。序盤からロレンソとペドロサの2台が抜け出し、後続を引き離して行く。リードを広げたいロレンソだったが、7周目にペドロサに交わされると始めのうちは、ついて行こうと懸命にペースをキープ。しかし、第1コーナーでハイサイドを起こしそうになったあとはスピードを緩め、そのまま2位でチェッカーを受けた。

一方の3位争い。4周目にブラドルが3位に浮上したところで転倒し、スピース、クラッチロー、ドビツィオーゾのヤマハ勢による戦いとなる。コンマ1秒から3秒差で3人とも互いに譲らず膠着状態に。ドビツィオーゾが11周目にクラッチローを、15周目にはスピースをパスして3位に浮上。すると18周目に自己ベストを記録したクラッチローがスピースを交わして4位に着け、ぴたりとドビツィオーゾをマーク。

クラッチローはドビツィオーゾへのアタックを繰り返し、ついには最後から2ラップ目の第15コーナーで一瞬前へ出るが、ドビツィオーゾもすぐに反応して3位を奪い返す。何としても表彰台に上りたいクラッチローが最終ラップで再び仕掛けるも、最後はドビツィオーゾが冷静さを保って抑えきり、インディアナ・ポリス以来の表彰台を獲得した。

◆コメント
◎J・ロレンソ選手談(2位)
「レース序盤は優勝を狙っていたが、それが不可能だとなれば、やはり2位獲得がチャンピオンシップのための最高の結果。終盤はダニのほうがペースが良かったんだからどうしようもないね。スタートは僕が強かったのに、少しずつ遅れてしまった。タイヤが滑り始めてついて行くことができなくなったんだ。コーナーで危く転倒しそうになったときに2位キープに切り替えることを決断し、そのままゴールを目指した」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
  2. 高品質なアフターマーケットマフラーメーカーとして知られているケイ・ファクトリーがリリースした…
  3. 長らくカワサキのミドルクラスを担っていたER-6n。’17年にフルモデルチェンジしZ650を…
  4. 【トライアンフ ストリートツイン】 ディテール&試乗インプレッション 今回はトライアンフ…
ページ上部へ戻る