映画「ボーン・レガシー」のバイクアクションに注目!

本日から全国ロードショー公開されている映画『ボーン・レガシー』に主演しているジェレミー・レナーの切れ味鋭いバイクアクションが話題になっている。

『ボーン・アイデンティティー』として始まった前3部作では、主演したマット・デイモンを一躍アクション俳優としてトップスターの座に押し上げたが、今作からヒーローを務めるのは、オスカー候補経験もある実力派ジェレミー・レナー。彼が演じる新キャラ、アーロン・クロスを主人公にした最新作『ボーン・レガシー』は、前シリーズと同時進行していたという設定で、暗殺者アーロンとCIAの死闘を描く。

今作の撮影では、何とバイクのチェイスシーンで、自ら体を張ったことが話題に。しかも、共演者のレイチェル・ワイズと相乗りしてのスタントという危険な撮影だ。「僕だけなら多少のリスクは仕方ないけど、人を後ろに乗せるとなると責任があるから話が違う」と男らしいコメント。

テレビやネット動画でもトレーラー(予告編)が流れているので目にした方も多いと思うが、日本製と思わしきオフロードバイクに美女とタンデムし、階段を駆け登ったり、交差点をジャンプで横切ったり、と堂々のアクションを披露している。どこまで本人が演じているかは不明だが、宣伝用の写真では左手に銃を構えたまま、けっこうなバンク角でタンデムコーナリングしている様子が伝えられている。本気の走りを体当たりで演じているところは、さすがハリウッド俳優だ。

実はジェレミー・レナーという役者、デビューするもまったく売れず、ミュージシャンや内装業などを兼務しながら下積み生活が続いたという。2008年に主演した『ハート・ロッカー』が大ヒットしオスカーを獲得、自身も主演男優賞にノミネートされ、41歳にして一気にブレイク! 苦労人だからこそ、少々のリスクにも動じないガッツが育まれたのかもしれない。

古くはスティーブ・マックィーン、近年でもキアヌ・リーブスやユアン・マクレガーなど、映画スターにはバイク好きも多く、彼らのリアルな演技は我々ライダーのハートを熱く燃やしてくれる。バイクは銀幕の中でも、普段の生活の中でも乗る人をカッコよく演出してくれる重要な小道具なのである。まずは映画館に足を運んでみようか。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

◆映画『ボーン・レガシー』公式サイト
http://bourne-legacy.jp/


(C) 2012 Universal Studios. All Rights Reserved.

[参照:外部サイト]
◆Yahooニュース
遅咲きのトム・クルーズ?ジェレミー・レナーの魅力に迫る!

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  2. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  3. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  4. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る