HONDA、MotoGP Rd.14 アラゴンGPプレビュー

第14戦アラゴンGPが、9月28日から30日までの3日間、バルセロナの南西200kmに位置するモーターランド・アラゴンで開催されます。アラゴンGPは今年で3度目の開催。スペインでは、ヘレス(スペインGP)、カタルニア(カタルニアGP)に続いて、今季3度目のグランプリ開催となります。アラゴンGPは、一昨年、開催が中止になったハンガリーGPの代替開催としてスタートしましたが、昨年からはレギュラー開催のグランプリとなりました。

モーターランド・アラゴンは、一周5.078kmで、マレーシアのセパン・サーキット、トルコのイスタンブール・パーク・サーキットを手がけたデザイナーが設計しました。自然の地形を利用したアップダウンとバリエーションに富んだコーナーが連続し、2本の長いストレートを組み合わせたレイアウトは、セパン、イスタンブール同様に、選手たちから高い評価を得ています。

しかし、サーキット周辺の宿泊施設が不足しているため、開催当初は集客に不安を残しました。それでも、バルセロナ、マドリード、バレンシアの大都市から日帰りでも駆けつけられる立地条件のため、過去2年は、7万人前後のファンが集まりました。スペイン人選手が3クラスで活躍しているため、今年も大勢のファンで賑わうことは間違いありません。

13戦を終えてMotoGPクラスで総合2位、バルセロナ出身のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)にとっては、カタルニアGP同様、気合の入った大会となります。今大会もバルセロナから大勢のファンが駆けつけることは必至で、アラゴン初制覇と今季4勝目を狙う戦いになります。前戦サンマリノGPは、今季4度目のポールポジション(PP)から自身初の3連勝を狙いましたが、スタート直後に、ほかのマシンの接触を受けて転倒、今季初のリタイアとなりました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る