YAMAHA、第7回ドラッグスターミーティング・フォトレポート

7年目の「ドラッグスターミーティング」3会場で同時開催。
ドラッグスターシリーズ1,200台、総勢1,720人が参加

2012年9月2日(日)に7年目となる「ドラッグスターミーティング」を長野会場(八ヶ岳富士見高原スキー場)、北海道会場(ホテルマウントレースイ)、九州会場(阿蘇いこいの村)の3カ所で同時に開催。

ドラッグスターファンはもちろん、ヤマハファン、オートバイファンのみなさんが、ユーザーさん同士やSNSで知り合ったライダー仲間、ご家族、友人、ショップのみなさんらと連れだって各会場に駆け付け、3会場合わせてドラッグスターシリーズ1,200台、総勢1,720人に参加いただきました。

同じドラッグスターを愛する者同士、すぐに打ち解けられるのが「ドラッグスターミーティング」の大きな特徴です。来場されたみなさんからは「こんなにたくさんのドラッグスターシリーズを一堂に見ることができるのはここだけ!」「ドラッグスター乗り同士だと親しみやすく、気になるパーツを付けているオーナーさんに会うと気軽に話しかけちゃいます」「ネットや店頭で気になっていたパーツが実際付いていたりすると、“ああ、こういう感じになるのか”とすっごく参考になりますね」などの声が聞かれ、情報交換や仲間作りの場として「ドラッグスターミーティング」は大いに活用されています。
特に昨年は天候の影響で九州会場のみの開催でしたので、長野会場と北海道会場では、2年ぶりの再会を喜び合う姿が見受けられました。

今後も継続開催していくにあたっては、開催各地の地元のみなさんの理解と協力が欠かせません。そこで地元のみなさんとの交流もかねて物産品販売コーナーや名産品を使ったフードサービスなども実施。さらに近隣のみなさんに迷惑をかけないよう本年も会場内や周辺にて、法令遵守・安全運転・マナーアップを意識した「ライダーマナーアップ宣言!」を呼びかけ、来場者にも理解と協力を仰ぎました。

北海道会場フォトレポート

長野会場フォトレポート

九州会場フォトレポート

ヤマハではこれからも気持ちのよいユーザーイベントの開催に努めていきますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る