[HONDA]MotoGP HRCチーム代表 中本修平 現場レポートVol.84

【不運に見舞われたサンマリノGP】
第11戦インディアナポリスGP、第12戦チェコGPと2連勝を達成して絶好調のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)。自身初の3連勝に挑むことになった第13戦サンマリノGPは、不運のレースとなりました。

カレル・アブラハム(ドゥカティ)選手のエンジンストールでスタートがやり直しとなり、再スタートの進行中にフロントホイールにトラブルが発生。そのため、マシンをグリッド上からピットロードへ移動させなければならず、今季4度目のポールポジション(PP)スタートが、最後尾からのスタートとなりました。
気持ちを取り直して決勝レースに挑んだペドロサは、最後尾から猛列な追い上げを見せますが、オープニングラップの8コーナーでヘクトール・バルベラ(ドゥカティ)選手に追突されて転倒し、ノーポイントに終わりました。がっくりと肩を落とすペドロサ。総合2位は変わらずも、チャンピオン争いは厳しい状況となりました。

ケガのために欠場しているケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)の代役として出場したジョナサン・レイは8位でフィニッシュ。アルバロ・バウティスタ(Team San Carlo Honda Gresini)は、MotoGPクラスでは自身初となる表彰台を獲得して3位。ステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)が6位というレースでした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. GSX-Rに高性能なエントリーモデルが登場 スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク…
  2. カフェレーサースタイルの個性的な外観 スズキは、現代の最新技術を用いたエンジンや車体に、伝…
  3. 1月20日、ダカールラリー第40回大会の最終ステージがアルゼンチンで開催された。 …
  4. DEAN & DELUCA が他企業と展開する世界初のショップ ビー・エム・ダブリューと、…
ページ上部へ戻る