[HONDA]MotoGP 第13戦 サンマリノGPプレビュー

後半戦のスタートとなった第12戦チェコGPから、2週間のインターバルを経て、第13戦サンマリノGPが、9月14日(金)から16日(日)までの3日間、イタリアのアドリア海に面したミサノ・サーキットで開催されます。ミサノ・サーキットは、昨年のマレーシアGPで不慮の事故のために亡くなったマルコ・シモンチェリ選手の栄誉をたたえ、「ミサノワールドサーキット・マルコ・シモンチェリ」と名称が変わりました。今大会は、Honda勢にとっては特別な大会です。シモンチェリ選手が生まれ育ったミサノで開催されるグランプリで、彼に優勝をささげたいと意気込んでいます。

サンマリノGPは、ムジェロ・サーキットで開催された1993年を最後に中断していましたが、2007年に全面改修を受けたミサノで、14年ぶりに復活しました。ミサノの旧コースは、左回りの4.180kmでしたが、大きな改修を受けた新コースは、右回りの4.226kmへと変更されました。

GPが復活してからの過去5年間の戦いでは、ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、09年3位、10年に優勝、11年が2位と、3年連続で表彰台に立っています。今年は、第11戦インディアナポリスGP、第12戦チェコGPと目下2連勝中。第10戦アメリカGPから投入されたニューマシンのポテンシャルをいかんなく発揮しているだけに、今大会は今季4勝目と、MotoGPクラスでは自身初となる3連勝に挑みます。

第11戦インディアナポリスGPの予選で転倒し、右足首を負傷したケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)は、インディアナポリスGPを4位でフィニッシュしましたが、そのあとの診断の結果、手術を行うことになりました。すでに手術は終わり、一日も早い復帰を目指して治療を続けています。今大会で、Repsol Honda Teamは、スーパーバイク世界選手権にHonda World Superbike Teamから参戦しているジョナサン・レイを代役として起用します。レイにとっては初のMotoGP参戦となります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る