[DUNLOP]全日本ロードレース選手権 Rd.6 JSB1000クラス 加賀山選手が今季初優勝を達成

第6戦SUGOは、5月13日の第3戦筑波以来の全クラス開催となった。
JSB1000クラスは3ヶ月ぶりのレースで、今回が4戦目となる。その間、鈴鹿8耐を戦ってきた加賀山就臣選手(スズキ)は、今季初優勝を狙って後半戦に臨んだ。
30度を超える暑さの中、予選はノックアウト方式で行われた。

Q1で加賀山選手は1位、Q2で5位、そして、最後のQ3で2番手となり、フロントローを確保した。
「確実にダンロップさんのタイヤが、ステップアップしてきています。Q1、Q2と同じタイヤを通して走りました。明日はうまくレースメイクして、しっかり戦いたいと思います」と加賀山選手。
また、今野由寛選手(スズキ)は、7位につけた。

決勝当日も晴天に恵まれた。
スタートが切られると、加賀山選手が絶妙のスタートを切り、ホールショット、後ろから秋吉耕佑選手(ホンダ)、中須賀克行選手(ヤマハ)などが続く。
その後、加賀山選手は秋吉選手、中須賀選手に抜かれ、3番手につけていく。
レース序盤、加賀山選手は少しトップ2台に離されるが、柳川明選手(カワサキ)、高橋巧選手(ホンダ)など後続を抑えて3位をキープしていく。
中盤に入ると、加賀山選手は徐々にペースアップ。前の2台との差を少しずつ詰め始める。
11周目になると猛追する加賀山選手は、秋吉選手、中須賀選手に接近。3台のトップ争いとなる。

16周目、トップを走っていた秋吉選手が馬の背コーナーでコースアウト。これで、加賀山選手は2位に浮上。前の中須賀選手を追いかけていく。
そして、17周目の1コーナーで加賀山選手はついに中須賀選手をとらえて、トップに浮上。中須賀選手を抑えていく。

レース終盤、周回遅れを絡みながらのリスキーな戦いとなる。加賀山選手と中須賀選手はテールトゥノーズのバトルを続けていくが、加賀山選手はラストスパートをかける。
ラストラップに入ったときには、中須賀選手に約1秒の差をつけて、ライバルを圧倒。加賀山選手が今季初優勝を決めた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. やっぱり2018年モデルはよくできてます! スーパーカブといえば、長きに渡って様々なユーザ…
  2. NEXCO中日本は、7月1日(日)から11月30日(金)までの期間、三重県内の高速道路が定額…
  3. 2017年モデルで懐かしの並列2気筒アメリカンのレブル(250)が、500&250の2バリエ…
  4. 平成28年度排ガス規制に対応し、モデルチェンジを行ったCB1300シリーズ。ハーフカウル版の…
ページ上部へ戻る