[HONDA]MotoGP第12戦 チェコGP プレビュー

インディアナポリスGPから2週連続の開催となる第12戦チェコGPが、8月24日(金)から26日(日)までの3日間、チェコ第2の都市ブルノにあるブルノ・サーキットで開催されます。Moto2クラスとMoto3クラスは、第10戦アメリカGPがカレンダーに組み込まれていないため、今大会が11戦目となります。

インディアナポリスGPから2週連続の開催となる第12戦チェコGPが、8月24日(金)から26日(日)までの3日間、チェコ第2の都市ブルノにあるブルノ・サーキットで開催されます。Moto2クラスとMoto3クラスは、第10戦アメリカGPがカレンダーに組み込まれていないため、今大会が11戦目となります。
チェコGPプレビュー

チェコGPは、1993年にスタートして今年で20回目。チェコスロバキアGP時代を含めると36回目という長い歴史を誇ります。舞台となるブルノ・サーキットは、自然の地形を利用し、選手にも観客にも人気のあるコースとなっています。一周5.403kmのロングコースは、コース幅が広く、中速コーナーが連続し、パッシングポイントも多く、毎年好バトルが繰り広げられます。そして、ブルノ・サーキットの最大の特徴は、コース中盤の7つのコーナーで高低差約73mを下り、コース終盤の登りストレートで一気に駆け上がるという独特のレイアウトです。

チェコスロバキアGP時代から、ブルノには毎年10万人を超える大観衆が駆けつけます。昨年は15万5400人、3日間で23万8000人と、シーズンを通じて最も観客を集めた大会となりました。その熱狂の中で、ケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)が優勝し、Honda勢が表彰台を独占しました。

前戦インディアナポリスGPでは、ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、今季3度目のポールポジション(PP)から今季2勝目を達成しました。昨年のチェコGPでは、PPを獲得したものの、決勝では痛恨の転倒を喫しています。今年は、インディアナポリスGPからの2連勝と、昨年の雪辱を期しています。ブルノでは、125ccクラス、250ccクラスで優勝しています。最高峰のMotoGPクラスではPP獲得2回、2009年、10年と連続2位でフィニッシュしていますが、まだ優勝はありません。エンジン、車体ともに一新されたニューマシンのデビュー戦となったアメリカGPでは3位。セットアップが進んだインディアナポリスGPでは、すばらしい走りでライバルを圧倒しました。ニューマシンで3戦目を迎える今大会は、優勝候補の筆頭。ブルノでの3クラス制覇に挑みます。[…]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 幅広いユーザーに人気のタクトがガス規制対応! Hondaは、50cc原付スクーター「タクト…
  2. ■大会名:全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 岡山国際サーキット ■開催日:2017…
  3. ホンダは、2017年12月3日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで、モータースポーツファンの…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 BMWからニューモデル「G 310 GS」…
ページ上部へ戻る