MotoGPの真実を描く「FASTEST」に期待!

一瞬のドラマが、永遠に語り継がれる。4大陸、13カ国、全18レース。
時速330kmの世界で戦うライダーたち。
真実のドラマの果てに、浮かび上がるひとつの問い??。
WHO IS FASTEST NOW?<最速は誰だ?>

世界的なヒットを飛ばした前作「FASTER」から7年、刺激的なキャッチコピーとともに、世界最高峰のモーター・スポーツ「MotoGP」のドキュメンタリー映画「FASTEST」が再び日本にやってくる!
監督は前作と同じマーク・ニール、ナレーションは無類のバイク好きして知られる英国俳優のユアン・マクレガーが担当するなど、制作スタッフも前作同様の顔ぶれとなっている。

今回はMotoGPの2010年シーズンが舞台。
皇帝バレンティーノ・ロッシを中心に過去の伝説的レースシーンも交え、史上最速を求め続ける男たちのプライドをかけた戦い、栄光と挫折、孤独と重圧などを赤裸々に描き出している。

以下、元オートバイ誌副編集長・船山理氏の鑑賞コメントより。

「09年、そして2010年。MotoGPの世界では、いったい何が起こっていたのか。これを名場面でつづるだけでなく、メカニック、チームマネージャー、ジャーナリストに加え、闘う戦士たるライダーたちが「ナマの声」で語る。これは観るものにとって新鮮な驚きであり、また大きな衝撃だ。この翌年には他界してしまうM・シモンチェッリが語る「レース感」、自身にとって手の焼ける存在に成長して行くJ・ロレンソを、チームメイトに擁する運命に翻弄されて行くV・ロッシ。ラグナ・セカで文字どおりの死闘を、そのロッシと繰り広げたC・ストーナーの、鮮烈な走りと人知れぬ苦悩。MotoGPファンにとって、TVのレース解説や幾多のサイト情報では、けしてわかり得えない「世界」が、このドキュメンタリー映画には余すところなく収められている。文句なしに必見、と言っていい」

なお、MotoGP日本グランプリ開催記念として、10月13日(土)「プレミア試写会」開催が決定。場所はツインリンクもてぎ内ファンファンラボにて。
当日、MotoGP日本グランプリの来場者の中から招待される模様で、詳細は決定次第、「FASTEST」公式WEBサイトにて発表される。

ロードショー公開は10月20日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田などで順次上映される予定だ。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

[総合]
MotoGPのドキュメンタリー・フィルム「FASTEST」が10月20日(土)より公開
https://news.webike.net/overallDetail.do?news_id=2632

「FASTEST」公式サイト
http://fastest-movie.com/

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る