[HONDA]MotoGP HRCチーム代表 中本修平 現場レポートVol.82

2週間の夏休みを終えたグランプリは、アメリカ大陸を西から東へ移動。第11戦インディアナポリスGPが、8月17日から19日までの3日間、インディアナポリス・モータースピードウェイで開催されました。ラグナセカで行われた前戦アメリカGPでは、ケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)が優勝し、後半戦のスタートとなった第11戦インディアナポリスGPでは、ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が勝ち、Repsol Honda Teamとしては、今季3度目の2連勝を達成しました。

ペドロサは、予選で今季3度目のポールポジション(PP)を獲得し、決勝でもライバルを圧倒して今季2勝目を挙げました。前戦アメリカGPで今季4勝目を挙げたストーナーは、フリー走行でトップタイムをマークしますが、予選で転倒を喫し6番手。この転倒で右足首を負傷し、土曜日の時点では出場できるかどうか微妙な状態でしたが、持ち前の強い気持ちで最後まで走り抜いて4位でフィニッシュしました。

Repsol Honda Teamは、これでインディアナポリスGP3連覇を達成。総合ポイントでは、依然としてペドロサ2位、ストーナー3位という順位ですが、2年連続タイトル獲得に向けて一歩前進しました。ラグナセカ、インディアナポリスとアメリカラウンドを制し、11戦で6勝目を達成した中本修平HRCチーム代表に、今大会をふり返ってもらいました。…

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る