[YAMAHA] MotoGP Rd.11 ロレンソ2位、ドビツィオーゾが3位

ヤマハ・ファクトリー・レーシングのJ・ロレンソが2位。チームメイトのB・スピースは2番手走行中、トラブルが発生してリタイアした。モンスター・ヤマハ・テック3チームのA・ドビツィオーゾは3位。チームメイトのC・クラッチローは転倒リタイアだった。優勝はD・ペドロサだった。

ポール発進のペドロサを交わして1周目からトップに立ったのはスピースだった。スピースは序盤からトップを快走、5周目に入ったところでペドロサに先行を許すがそのまま2番手をキープしていく。しかし直後の6周目、エンジントラブルが発生しリタイアに終わった。

ロレンソはスタート直後、4番手につけ上位をうかがう展開。まずドビツィオーゾを抜いて3番手にあがり、スピースの後退で2番手に上がると、その後はトップのペドロサを追っていく。その差は一時3秒以内に詰まるシーンもあったが、後半は差が広がる。終盤は周回遅れを慎重にパスするなどで差を広げられ、そのまま2位でゴールした。

スピースのリタイアによって、序盤の3番手争いグループはドビツィオーゾ、C・ストーナーを含め5台の争いとなっていた。この中でストーナーとドビツィオーゾは接戦を展開。10ラップ目、ストーナーが前に出て逃げ切りを図るが、ドビツィオーゾはストーナーを視界にとらえたまま終盤を迎え、22ラップ目になって再び抜き返して3位獲得、今季5度目の表彰台に上った。

この3番手争いグループの最後尾、7番手につけていたクラッチローは、10ラップ目、第4コーナーで勝負をかけたところでフロントが流れ転倒リタイアとなった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る