[HONDA]MotoGP 解説者・宮城 光のHonda MotoGP 2012シーズン分析Vol.3

3戦終了時点でお届けした前回の「分析」で「Honda勢にとっての戦いは、これからより一層厳しいものになる」とお伝えした。

Honda勢にとって「逆境」となる条件がいくつか重なっていただけでなく、ライバルの躍進もめざましい。そんな中でこそ、Honda勢の「底力」が見られるのではないかと感じていた。結果から言えば、「タイトル防衛」に向けて、十分に戦うことができていると言っていい。

第4戦から第6戦までは、惜しいところで勝利を逃し、最大のライバルであるヤマハのホルヘ・ロレンソに3連勝されてしまうなど、少々不安になったものだが、続く第7戦で1-2フィニッシュを達成。第8戦ではダニ・ペドロサも今季初勝利を飾った。直近のアメリカGPでは、ケーシー・ストーナーが今季4勝目を挙げ、Hondaはここまで行われた10戦のレースで5勝していることになる。

「3強」の戦いは、ほとんどほかの18台を寄せ付けないほどに先鋭化しており「世界最高峰のレースにおける、さらに最高峰の戦い」が繰り広げられているわけだが……
これがどのような要素から構成されているのかを、私なりに紐解いてみたい。…

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る