キング・ケニーが日本でスクールを開催!

往年の世界グランプリ王者、キング・ケニーことケニー・ロバーツ氏による、ライディングレッスンが9月25日(火)に筑波サーキットで開催される。

ケニー・ロバーツと言えば、古くからのロードレースファンには懐かしい、グランプリ界のビッグボス的存在。1978年〜80年までヤマハワークスのエースライダーとして3年連続で当時の最高峰、WGP500ccクラスでチャンピオンを獲得。

天才と呼ばれたホンダのフレディ・スペンサーとの激闘や、平忠彦氏と組んで出場した85年の鈴鹿8耐など、記憶に残る名シーンの数々を演じてくれたことでも有名だ。また、今でこそ常識になっている「ハングオフ」スタイルを近代レースの中で完成させたライダーとしても知られている。ちなみに2000年のWGP500ccクラスの年間チャンピオン、ケニー・ロバーツ・ジュニアは彼の長男である。

さて、当のスクールだが、「ケニー・ロバーツ自らサーキットを安全に、しかも速く走るテクニックを伝授してくれる夢の1dayライディングスクール」だそう。
参加費は3万5000円(当日の昼食代、保険代など含む)で、募集人数は60名。サーキットビギナーからスポーツ走行ライダーまで、スキル別の少人数4クラスでのスクールになるようだ。

気になるカリキュラムだが、午前中が座学で、午後12時からの走行枠は各クラス25分×4本、1時間みっちりと行うコーナリングレッスンなど、充実した内容らになっている。女性ライダーも大歓迎で、前夜祭パーティも企画中とのこと。なお、参加受付は8月1日より開始、定員になり次第締め切りとなる。興味のある方は早めにエントリーしたほうがよさそうだ。

余談だが、私も以前、米国アトランタで開催されているケヴィン・シュワンツ(93年度WGP500ccクラス王者)のスクールに参加したことがある。1泊2日で2000ドルという高価なスクールだったが、とても貴重な体験になった。
世界チャンピオンの言葉のひとつひとつの重みもさることながら、何よりも心に残ったのは“常人とは違う思考”だった。少し変わり者でなければ、とても世界の頂点になど君臨できないのかもしれない。今回もせっかくキングがやってくるのだ。テクニックそのものより、むしろそういうことを学ぶつもりで参加するとよろしいのではと思う。

ケニー・ロバーツ ライディングスクールin筑波
■日時:平成24年9月25日(火曜) 8:00集合 16:00終了予定(雨天決行)
■場所:筑波サーキット 本コース(コース2000)
■定員:60名(スキル別に4つにクラス分け)女性ライダーも歓迎
■参加費:3万5000円(昼食、保険代込み)
■その他:装具/革ツナギ、脊椎パッド、革グローブ、革ブーツ、フルフェイスヘルメットの着用
車両/排気量250cc以上のオンロードスポーツタイプ、国内外メーカーは問いません。
スクーター、トレール車、250ccモタード車は不可となります。
また参加にあたり、当該免許があればサーキットライセンスは必要ありません。

※ただいまケニー・ロバーツ氏を囲んだ前夜祭パーティも企画中!

●問い合わせ先
〒341-0032埼玉県三郷市谷中417-202
一般財団法人 筑波サーキットモーターサイクルスポーツ振興会
(TMCS振興会)Tel.048-969-4036 Fax048-969-4436
http://www.t-mcs.com/kaisai-kokuti.htm

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

◆参照:WEBオートバイ
ケニー・ロバーツ氏が筑波サーキットでテクニックを伝授!

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ビッグマシン・ゼロ:文-青木タカオ 写真-ピレリジャパン】 スポーツモデル並みの高出…
  2. 【ビッグマシン・ゼロ:文-中村友彦 写真-渕本智信/ピレリジャパン】 '10年のSTに…
  3. 東日本高速道路株式会社と中日本高速道路株式会社は、今年も長野県内の高速道路が定額で乗り放題と…
  4. ▲R-BOXのイメージ 鈴鹿サーキットは、「”コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース …
ページ上部へ戻る