ホンダが「ダカールラリー2013」に参戦!

Hondaがダカールラリーに戻ってくる! 2013年1月に南米のアルゼンチン、チリ、ペルーを縦断して開催される「ダカールラリー2013」のモト部門(二輪車)に、ホンダがワークス体制で参戦することを正式に表明した。

Hondaはかつて、「パリ・ダカール・ラリー」のモト部門に1981年から89年までの9年間参戦し、5回の優勝を果たしている。今回、Hondaがワークス参戦するのは24年ぶりだ。

チーム名は「Team HRC」。ライダーには昨年のダカールラリーで3位入賞のヘルダー・ロドリゲス(ポルトガル)をはじめ、モトクロスやエンデューロレースの経験豊富なフェリペ・ザノル(ブラジル)、サム・サンダーランド(イギリス)、ジャビエ・ピゾリト(アルゼンチン)の4名を起用。車両は市販エンデューロレーサーとして世界中で高い評価を受けている「CRF450X」をベースにしたプロトタイプマシンで、本田技術研究所 二輪R&Dセンターが総力を挙げてマシン開発を行い、参戦初年度から優勝を目指すという。また、市販のCRF450Xへの装着を前提としたキットパーツも同時開発し、一部のチームへ提供する予定とのこと。

世界有数の過酷さで知られるダカールラリーは、砂漠や山岳地帯などの悪路を走破する「ラリーレイド」といわれる競技のひとつで、2輪(モト)、4輪(オート)、トラック(カミオン)の3つの部門でそれぞれ競われるのが特徴。1979年の初開催から長い間、パリを出発し、アフリカ セネガルの首都ダカールにゴールする「パリ・ダカール・ラリー」として、欧州とアフリカを舞台に開催されてきたが、2009年からは南米に開催地を移している。

今やKTMの独壇場となっているダカールラリーだが、1980年代〜90年代はホンダやヤマハなどの国産が勝ちまくっていた時代もあった。ホンダのパリダカマシンといえば、思い出されるのは「NXR750」。当時、高速化の一途をたどるパリダカに対応して開発され、シリル・ヌブーらの活躍で4連覇を果たした砂漠のモンスターである。最近人気のアドベンチャーモデルの先がけとなった市販モデル、アフリカツインの原型となったマシン、と言えば、懐かしく思われる方も多いだろう。

ホンダはパリダカにおいても、常に新たなチャレンジを模索してきた。1995年にはラリー界の常識を覆すAR燃焼の2ストロークマシン「EXP-2」で挑み、クラス優勝(総合5位)した実績もある。そう考えると、今回の「Team HRC」がどんなマシンを投入してくるか、大いに楽しみである。

なお、ダカールラリー2013は1/5(土)〜1/20(日)の日程で、総走行距離は8,000km以上の予定だ。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

[総合ニュース]
◆HONDA、ダカールラリー参戦について
https://news.webike.net/overallDetail.do?news_id=2489

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 皆さんの「欲しいバイク」を集めてみました ウェビックユーザーから集めた「2019年こそ欲し…
  2. ▲Ninja H2 SX SE+ ※画像は実際のモデルと仕様が異なる場合があります。 ※当モ…
  3. ※画像は実際のモデルと仕様が異なる場合があります。 ※当モデルはABS装着車です。 …
  4. ※画像は実際のモデルと仕様が異なる場合があります。 ※当モデルはABS装着車です。 …
ページ上部へ戻る