[HONDA]MotoGP Rd.7 オランダGP 1日目フリー走行

第7戦オランダGPのフリー走行は、青空が広がる絶好のコンディションとなり、最高気温も26℃を記録しました。この数戦、不安定な天候が続き、ニューパーツのテストがなかなか進まなかったRepsol Honda Teamですが、天候に恵まれたことで、ニューパーツのテストに集中しました。

トップタイムをマークしたのは、ベン・スピーズ(ヤマハ)で、11番手につけたステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)まで、0.471秒差という大接戦。今季、もっともタイムが接近するフリー走行となりました。

その中で、前戦イギリスGPで初PPを獲得、決勝4位とベストリザルトをマークしたアルバロ・バウティスタ(Team San Carlo Honda Gresini)が、トップから0.142秒差の4番手と好調なスタートを切りました。バウティスタにとってアッセン・サーキットは、これまであまり得意ではないサーキットでした。しかし、午前から午後にかけてセットアップが進み、タイムを短縮することに成功しました。

ニューパーツのテストに集中したRepsol Honda Teamは、ダニ・ペドロサがトップから0.214秒差の6番手、ケーシー・ストーナーは0.315秒差の7番手でした。この日は、従来の車体と仕様違いの車体の比較を行い、課題となっているチャタリングや、前戦イギリスGPから投入されているブリヂストンのニュースペックのタイヤ対策に集中しました。ペドロサは、2日目も引き続き、仕様違いの車体を中心にセットアップを進め、ストーナーは、2日目も比較テストを続けることになりました。オランダ、ドイツ、イタリアと続く3連戦。2日目のセットアップは、これまでになく重要な一日になりそうです。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る