新東名「NEOPASA清水」がレンタルバイクを開始!

NEXCO中日本と「レンタルバイク キズキ」が、全国で初めて高速道路の休憩施設でバイクをレンタルできる店舗『レンタルバイク NEOPASA清水』を2012年7月21日(土)に期間限定でオープンする。
『レンタルバイク NEOPASA清水』は、「レンタルバイク キズキ」のFC店としてNEXCO中日本が運営するそうだ。仕組みとしては、清水パーキングエリアの「ぷらっとパーク」に貸出返却施設を設置し、受付はテナントとして店舗を構えるバイク用品の「KUSHITANI PERFORMANCE STORE」にて行うという。

今年開通したばかりの新東名という話題性もさることながら、NEOPASA清水は“車・バイク”を通じたライフスタイルを楽しむ人々へ向けた新しい価値を提案する施設として、注目を集めている。これをさらに一歩踏み込むかたちで、レンタルバイクという具体的なアクティビティを提供しようというアイデアは素晴らしいと思う。これにより、高速道路を使って「PAに行くことそのものが目的」になる。

最近の新しい交通システムとして「パークアンドライド」というものがあるが、これと同じように、観光シーズンなど渋滞が予想される時期には自宅からPAまではクルマで行き、現地ではレンタルバイクの機動力で快適な観光を楽しむ、という新しいスタイルも生まれそうだ。貸出施設には4輪駐車場も完備されているようなので、たとえば仲間同士でクルマに相乗りしていけば、行き帰りの移動も楽だし、PAまでの交通費も安く済むなどメリットも大きいと思う。クルマのドライブとバイクのツーリング、その両方の楽しみを一度に味わえるわけだ。

NEOPASA清水は日本の中心部に位置し、近くには富士山周辺の雄大なワインディングも控えるなど好立地にも恵まれているため、関東や関西エリアからの利用だけでなく、海外からのインバウンド需要も期待できそうである。
実際、海外では欧州や北米でもレンタルバイクを使ったツアーシステムはだいぶ以前から確立されていて、最近では日本から出発する海外ツーリングも一般的になってきた。
今後は、レンタルバイクを通じて、日本の素晴らしさを海外のライダーにも存分に体験していただく機会が増えれば嬉しいし、観光立国を目指す日本のためにもなるだろう。

一点、苦言を呈するとすれば、レンタルバイク施設のある「ぷらっとパーク」は新東名の清水PAから直接アクセスできないこと。一度、近くのICで降りて、一般道から入場することになるためスムーズでない。せっかく効率的に時間を運用できる新東名だけに、そこが少々残念な部分だ。

いずれにしても、バイクの新しい楽しみ方を広げてくれる、斬新な試みであることはたしか。
大いに期待したいと思う。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

[総合ニュース]
◆全国初!高速道路でバイクをレンタルできる『レンタルバイク NEOPASA清水』7月21日(土)オープン!
https://news.webike.net/overallDetail.do?news_id=2476

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 防水性能は折り紙付き エアバルブが超便利だ 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
  2. 【PR】 スポーツもツーリングも一足でこなす万能タイプ 【ビッグマシン・ゼロ…
  3. 【PR】 上位機種は通話に乗せて音楽やナビ音声まで共有 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  4. 幅広いユーザーに人気のタクトがガス規制対応! Hondaは、50cc原付スクーター「タクト…
ページ上部へ戻る