[SHOEI]ARRC Rd.2 600ccクラス 清成龍一選手がダブルウィン!!

6月17日にインドネシア・セントゥルで開催されたアジアロードレース選手権シリーズ第2戦 600ccクラスにおいて、SHOEI契約ライダー 清成龍一選手が決勝では実力を見せ、アジアで初優勝を含む、2連続優勝を飾った。
ランキングも90ポイントでトップに浮上。

同じく、アジアドリームカップ(CBR250)クラスに出場した、尾野弘樹選手がレース1で優勝を飾った。

イギリス・シルバーストンで開催されたワールドグランプリ MotoGPクラスにおいて最高峰クラス初ポールポジションを獲得したアルバロ バウティスタ選手はスタートから表彰台争いをし、惜しくも4位だった。

その他、Moto2クラスでマルク マルケス選手、Moto3クラスではサンドロ コルテセ選手がそれぞれ3位表彰台を獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る