[SHOEI]ARRC Rd.2 600ccクラス 清成龍一選手がダブルウィン!!

6月17日にインドネシア・セントゥルで開催されたアジアロードレース選手権シリーズ第2戦 600ccクラスにおいて、SHOEI契約ライダー 清成龍一選手が決勝では実力を見せ、アジアで初優勝を含む、2連続優勝を飾った。
ランキングも90ポイントでトップに浮上。

同じく、アジアドリームカップ(CBR250)クラスに出場した、尾野弘樹選手がレース1で優勝を飾った。

イギリス・シルバーストンで開催されたワールドグランプリ MotoGPクラスにおいて最高峰クラス初ポールポジションを獲得したアルバロ バウティスタ選手はスタートから表彰台争いをし、惜しくも4位だった。

その他、Moto2クラスでマルク マルケス選手、Moto3クラスではサンドロ コルテセ選手がそれぞれ3位表彰台を獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  2. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
  3. 年が明けて心機一転、愛車のお手入れ初めにオイル交換はいかがでしょうか。 オイルの基礎知識、…
  4. 【ヤマハ エキサイター150】ディテール&試乗インプレッション タイやベトナムで人気の…
ページ上部へ戻る