[SHOEI]ARRC Rd.2 600ccクラス 清成龍一選手がダブルウィン!!

6月17日にインドネシア・セントゥルで開催されたアジアロードレース選手権シリーズ第2戦 600ccクラスにおいて、SHOEI契約ライダー 清成龍一選手が決勝では実力を見せ、アジアで初優勝を含む、2連続優勝を飾った。
ランキングも90ポイントでトップに浮上。

同じく、アジアドリームカップ(CBR250)クラスに出場した、尾野弘樹選手がレース1で優勝を飾った。

イギリス・シルバーストンで開催されたワールドグランプリ MotoGPクラスにおいて最高峰クラス初ポールポジションを獲得したアルバロ バウティスタ選手はスタートから表彰台争いをし、惜しくも4位だった。

その他、Moto2クラスでマルク マルケス選手、Moto3クラスではサンドロ コルテセ選手がそれぞれ3位表彰台を獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る