中須賀克行がMotoGP日本グランプリに参戦!

6月18日(月)にヤマハは、2012 FIM MotoGP世界選手権シリーズ 第15戦 AirAsia 日本グランプリ(10月14日決勝)MotoGPクラスに中須賀克行がワイルドカードで参戦することを発表した。チームはYAMAHA YSP Racing Team、マシンは自身が開発を務めるYZR-M1となる。

「ツインリンクもてぎの日本グランプリは、毎年、見る側でしたが、参戦できることになり、すごく興奮しますし楽しみです。ヤマハを始め、関係者に感謝したいです。もちろん、全日本JSB1000クラスでタイトル奪還が第一目標ですが、こちらも全力で戦います。鈴鹿8耐も同様です。ぜひ応援してください!」と中須賀。

中須賀は、昨年も最終戦バレンシアに代役参戦し6位という結果を残している。走り慣れたコースでの活躍に期待したいところだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る