[HONDA] MotoGP Rd.6 ストーナー2位、ペドロサ3位 Repsol Honda Teamの両選手が表彰台に立つ

第6戦イギリスGP決勝は、午前中は雲の多い天候でしたが、午後から夕方にかけて青空が広がる一日となりました。
前日までの強い風も止み、3日間ではもっともよいコンディションとなり、3クラスともに熱戦が繰り広げられました。

MotoGPクラスは、予選3番手からオープニングラップ2番手につけたケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)が、5周目でトップに浮上、後続を引き離します。
しかし、今大会はリアタイヤのグリップに苦しみ、序盤のペースをキープできず、レース折り返し点となる11周目に2番手に後退。

そのまま逆転することができず、2位でフィニッシュしました。
その後方では、予選5番手から3番手に浮上してきたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)と、ペドロサをピタリとマークしたアルバロ・バウティスタ(Team San Carlo Honda Gresini)の2人が、ストーナーとの差を縮める快走を見せます。終盤は、この3人が1つのグループを形成、ストーナー、ペドロサ、バウティスタの順でチェッカーを受けました。

2年ぶりにシルバーストーン・サーキットを走るペドロサは、ここで初めて表彰台に立ちましたが、3日間を通じてフロントタイヤと車体のマッチングに苦しみました。
今大会はストーナーの背後に迫ることに成功しますが、パスすることはできませんでした。
対照的に、初PPから自己ベストの4位でフィニッシュしたバウティスタは、念願の初表彰台獲得に向けて、手応えあるレースとなりました。

MotoGPクラスは、今大会から新しい構造のフロントタイヤに切り替わりました。
このタイヤと車体のマッチングが完ぺきではないRepsol Honda Teamの両選手ですが、苦しい状況の中で、ともに表彰台に立ちました。
チームは、今回の課題を分析、問題解決に全力で取り組み、オランダGPからの3連戦で巻き返しに挑むことになります。

予選9番手から決勝に挑んだステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)は、オープニングラップ10番手から、バレンティーノ・ロッシ(ドゥカティ)、ヘクトール・バルベラ(ドゥカティ)をかわし、8位でフィニッシュ。
CRTマシンで出場のミケーレ・ピロ(Team San Carlo Honda Gresini)は、CRT勢3番手の13位でチェッカーを受けました。

Moto2クラスは、今季初ポールポジションのポル・エスパルガロ(Pons 40 HP Tuenti)が今季2勝目を達成しました。
マルク・マルケス(Team CatalunyaCaixa Repsol)とし烈な2位争いを繰り広げたスコット・レディング(Marc VDS Racing Team)が、地元ファンの大声援に応えて2位でフィニッシュ。
今季2回目の表彰台を獲得しました。
マルケスは、カタルニアGPに続いて2戦連続の3位。
今大会も優勝を逃しましたが、総合首位のトーマス・ルティ(Interwetten-Paddock)が8位と苦戦したため、総合首位に浮上しました。
エスパルガロが総合2位。ルティが総合3位という結果になりました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る