HONDA、MotoGP Rd.6 イギリスGP プレビュー

第6戦イギリスGPが、6月15日から17日の3日間、ノーザンプトン近郊のシルバーストーン・サーキットで開催されます。イギリスGPの歴史は、1949年のマン島に始まり、以後、1976年まで「Tourist Trophy」としてマン島の公道コースで開催されました。その後、1977年から1986年までシルバーストーンに舞台は移り、1987年から2009年まで23年間は、ドニントンパークで行われました。

その間、シルバーストーンは、F1サーキットとして世界中にその名を知られることになりますが、2010年、コースが大幅に改修されて、2輪グランプリの舞台として復活することになりました。今年で3年目の開催となります。1986年まで開催されていた旧コースは、長いストレートと高速コーナーを組み合わせた一周4.710kmのシンプルなレイアウトで、この年にNSR500でPPを獲得したワイン・ガードナーの平均時速は192.332km/hでした。改修された現在のコースは、一周5.900km。以前、グランプリが開催されていたコースに比べて、コーナーの数は2倍の18(左8、右10)となりましたが、現在も、イタリア・ムジェロ、オーストラリア・フィリップアイランドと並ぶ高速サーキットの1つであり、昨年PPを獲得したケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)が記録したファステストラップ時のアベレージは、174.128km/hでした。

チャンピオンのストーナーは、今季5戦を終えて総合2位。前戦カタルニアGPでは、不安定な天候に翻弄され、タイヤの選択に失敗して4位。昨年のポルトガルGPから続いていた表彰台記録が「19」でストップしました。今大会は、再び、表彰台と優勝を目指す戦いになります。昨年の大会ではPPを獲得。激しい雨の中で行われた決勝では見事に優勝。今年は、イギリスGP2連覇と今季3勝目を狙います。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る