DUCATI、「MONSTER 796」「MONSTER 1100 EVO」のリコール

リコール開始日:平成 24年5月9日
【不具合の部位】
リアブレーキパッド

【不具合の内容】
リアブレーキパッドにおいて、摩擦材とバックプレートの接着の強度が不足しているため、摩擦材がはがれ、十分な制動力が得られなくなるおそれがある。

【改善の内容】
全車両、リアブレーキパッドを確認し不良品が装着されていた場合は良品に交換します。

【対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
・MONSTER 796     ZDMM506ABBB055871〜ZDMM506ABBB055872 2台
・MONSTER 796     ZDMM506ABCB056067 1台
・MONSTER 1100 EVO ZDMM511JABB055945 1台
(全3車種)(対象車種全4台)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る