DUCATI、「MONSTER 796」「MONSTER 1100 EVO」のリコール

リコール開始日:平成 24年5月9日
【不具合の部位】
リアブレーキパッド

【不具合の内容】
リアブレーキパッドにおいて、摩擦材とバックプレートの接着の強度が不足しているため、摩擦材がはがれ、十分な制動力が得られなくなるおそれがある。

【改善の内容】
全車両、リアブレーキパッドを確認し不良品が装着されていた場合は良品に交換します。

【対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
・MONSTER 796     ZDMM506ABBB055871〜ZDMM506ABBB055872 2台
・MONSTER 796     ZDMM506ABCB056067 1台
・MONSTER 1100 EVO ZDMM511JABB055945 1台
(全3車種)(対象車種全4台)

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  2. 2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXを日本自動車研究所の高…
  3. ヘルメットもネオクラシックに!山城 ニューレトロヘルメットとの魅力とは? 旧車やカフェ…
  4. 旧車や外車や逆輸入車オーナーでサービスマニュアルが無くてお困りの方に朗報です! 旧車・…
ページ上部へ戻る