DUCATI、「MONSTER 796」「MONSTER 1100 EVO」のリコール

リコール開始日:平成 24年5月9日
【不具合の部位】
リアブレーキパッド

【不具合の内容】
リアブレーキパッドにおいて、摩擦材とバックプレートの接着の強度が不足しているため、摩擦材がはがれ、十分な制動力が得られなくなるおそれがある。

【改善の内容】
全車両、リアブレーキパッドを確認し不良品が装着されていた場合は良品に交換します。

【対象車の車名、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
・MONSTER 796     ZDMM506ABBB055871〜ZDMM506ABBB055872 2台
・MONSTER 796     ZDMM506ABCB056067 1台
・MONSTER 1100 EVO ZDMM511JABB055945 1台
(全3車種)(対象車種全4台)

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンは、1月26日(金)より正規ディーラーにて「ハーレーダビッドソ…
  2. 温かいコーヒー&代表モデルの試乗 群馬県太田市のインディアン正規販売店「M.C.ファクトリ…
  3. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  4. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
ページ上部へ戻る