[YAMAHA] WMX Rd.6 フロサード、フランスGPで力走

曇り空のもと、活気に溢れるサン・ジャン・ダンジェイ・サーキットで開催された第6戦フランスGP。
3年連続のグランプリ開催となるこの会場には31,000人のファンがつめかけた。
土曜日は暑く、湿気の多いコンディションとなったが、決勝当日の日曜日には曇り空と涼しい気候となった。
フロサードは1週間のトレーニングとライディグを終えて好調ぶりを見せ、自信を深めて地元GPに登場。
ゼッケン183のフロサードはスタートから力走し、両ヒートでともに8位でゴール。
第2ヒートではA・カイローリ(KTM)の前に出て熱狂する観客から大きな喝采を受けた。
右膝にわずかに違和感が残るフロサードだったが、ここ数週間の不振から見事なカムバックを示した。
フロサードは月曜日に関節の診断を受けることになっている。

総合順位ではフロサードよりひとつ上の6位に位置したのがD・フィリッパーツ。サン・ジャン・ダンジェイの手ごわい地形と高速レイアウトを好んでいたが、今年のようなドライのダートは、例年のようなテクニカルなコースではないと見ていたという。
第1ヒートはスタートで出遅れ、後方から追い上げ12人抜きをみせて10位でゴール。
第2ヒートではフロサードとともにトップ3以内を走行していた元世界チャンピオンだったが、終盤になってトラクションが落ち5位でフィニッシュした。

スコットランド人ライダー、S・シンプソンはメキシコGPで脱臼した右肩について、95%の状態だという診断を受けた。
そうした中、シンプソンは両ヒートをそれぞれ14位と18位で走りきり総合18位。
世界選手権ランキングではフィリッパーツが6位、シンプソンが12位に就けている。
今シーズンのポイント獲得がわずか4ヒートのみのフロサードは16位。
ポルトガル・グランプリは来週、アゲタで開催される。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る